ここから本文です

大型シートバッグ6選比較レビュー#6:テールバッグ レースパック[エスダブリューモテック]

11/18(日) 16:35配信

WEBヤングマシン

仕事に家庭に忙しい日々を送る我々ホリデーライダーにとって、バイクで出かける長距離の旅は、日常のストレスからいっとき解放されて新たな英気を養うまたとない機会。そんなロングツーリングを快適にする頼りになる相棒として欠かせないのが、旅の荷物をひとつに収める大型シートバッグだ。本企画では特に50~70Lクラスのバッグを6点セレクトして、各製品の特徴や機能性をつまびらかに。本稿では、ソフトとハードのいいとこ取りを実現した「テールバッグ レースパック BCHTA0030210000」[エスダブリューモテック]を紹介する。

ナローテール向けのボトム形状

SWモテックはこれまでの箱型とは異なり、丸みを帯びたおむすび型でスポーツ車とのデザインが合わせやすい。タンデムシート幅が狭いナローテールの車両にもぴったり安定する凹凸のボトム形状もウリになる。なので幅広のタンデムシートにはドンピシャではないものの、固定はしっかりできて安定する。

底面と前後面に型崩れ防止の樹脂プレートを内蔵し、ソフトバッグの柔軟性と軽さを持ち合わせながらも、ハードケースのようなしっかり感も特徴だ。

そして、キャリアがなく荷掛フックもない車両に装着できるポイントも見逃せない。ナンバーを固定しているボルトと共締めにする専用のD環ベルトがその要。これを装着すればバッグ後ろ側の固定ベルトの装着が簡単になる。バッグ前側の固定ベルトはタンデムステップのステーを利用すれば幅広い車種に対応できるはずだ。

丸み系のスポーツデザイン

底面の中央は凹み、後席の幅が狭いナローテールに対応。底面の両端には滑り止め加工が施され、積載時の安定感を高めている。通常の写真左の状態が一番拡張されていて、65Lの容量を確保している。50Lにまで容量を縮小する場合は2本の圧縮ベルトで容量を調節する。

反射材の位置に工夫あり

バッグ側面の白い部分は、夜間走行時の被視認性を高める反射材。サイドポケットの下側にも配置され、車体を傾けるコーナリング時や転倒時でも目立つようになっている。

バッグの容量を調節する圧縮ベルトは、バッグの天面に荷物を固定するベルトにも使える。

1/2ページ

最終更新:11/18(日) 16:45
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2019年01月号
11月24日発売

定価880円(税込)

EICMAミラノショー総力特集
スーパースポーツ&ブラックカタナ
神名車カワサキZ650
特別付録2019新車図鑑

あなたにおすすめの記事