ここから本文です

岩井志麻子、“鼓膜彼氏”ソン・シギョンに「ほんまに人間ができてますねぇ」

11/18(日) 20:00配信

週刊女性PRIME

 母国の韓国では“バラードの皇帝”“鼓膜彼氏”と呼ばれ、今年から日本でも本格的に活動を始めている人気歌手ソン・シギョン(39)。バラエティー番組や『テレビでハングル講座』(NHK Eテレ)へのレギュラー出演、東京・日本武道館で和田アキ子が主宰した音楽フェス『WADA FES~断れなかった仲間達』に外国人歌手として唯一出演するなどで、日本でも着実に名前の知られた存在となりつつある。また、『孤独のグルメ 韓国出張編』では、主人公・井之頭五郎に仕事を発注する韓国人社長として日本での俳優デビューも果たした。

【写真】対談している2人の様子

 そんな彼が、11月21日に日本で約1年ぶりとなるアルバム『君がいるよ』をリリース。タイトル曲『君がいるよ』をはじめ、Crystal Kayとコラボした『愛はなぜ』、山崎まさよしの『One more time , One more chance』、スターダスト☆レビューの『追憶』など10曲が収録されている。

 母国と日本を行き来する多忙な毎日を送りつつも、暇を見つけては勉強し、今年8月に日本語能力試験の最高難度(N1)に合格したという彼の、日本への愛が垣間見える、聞きごたえのある内容だ。

 今回、シギョンにとってバラエティー番組出演の“先輩”であり、18歳年下の夫が韓国人ということもあり韓国にゆかりのある作家・岩井志麻子(53)との対談が実現。

 ふたりだからこそ語れる、日韓の違いとはーー。

岩井志麻子×ソン・シギョン対談スタート

志麻子「お久しぶりです。また日本語がうまくなりましたね」

シギョン「ありがとうございます。何度か一緒に共演させていただきましたね」

志麻子「韓国には、こんな変なおばちゃんのタレントさんいないでしょうから、(岩井さんのヒョウに扮したスタイルを)最初に見たときにびっくりしたでしょう?」

シギョン「そんな、そんな……。ただ、(『有吉反省会』に出演した際に)反省させられたほうが、びっくり、というかタイヘンでした」

志麻子「しかし、ソンさんは韓国ではホンマに“勝ち組”ではないですか。背が高い、イケメン、高学歴、歌が上手……。ファンミーティングにもうかがわせていただきましたが、オリジナルはもちろん、カバー曲も本当に素敵でしたよ。

 うちの18歳年下の夫のジョンウオンなんて、学歴はないし、稼ぎは悪いし、浮気者だし……。韓国男性としての長所は身長と“チン長”くらいですから!」

シギョン「“チン長”!? なんとなくわかります。またひとつ、新しい日本語を覚えました(笑)」

1/5ページ

最終更新:11/30(金) 21:54
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12/25号

特別定価410円(税込)

あなたにおすすめの記事