ここから本文です

勝者ズベレフが異例謝罪 “ボールボーイ落球”の中断要求に海外波紋「観客は失礼だ」

11/18(日) 9:35配信

THE ANSWER

ボールボーイ落球でプレー止めたズベレフに勝利者インタビューで大ブーイング

 男子テニスのツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」は17日、準決勝でアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)がロジャー・フェデラー(スイス)を7-5、7-6で破り、決勝進出。しかし、第2セットのタイブレークのプレー中、コート脇のボールボーイが手に持ったボールを落とし、ズベレフがプレー中断を要求。以降、流れが傾いたため、フェデラー贔屓の観衆から勝利者インタビューまでブーイングが展開され、謝罪する事態となった。実際の様子を海外メディアが動画付きで公開し、波紋を呼んでいる。

【動画】これが問題のシーン! 「観客は失礼だ」と海外波紋、フェデラーの後ろでボールボーイが…ズベレフの“プレー中断要求”の実際の瞬間

 波紋を呼んだのは第2セットのタイブレーク、フェデラーが4-3として迎えた場面だった。ラリー中、ズベレフが突如、「ウェイト、ウェイト!」と叫び、プレーを止めた。これに反応し、フェデラーもプレーを止める。すると、ズベレフはフェデラーの後方を指差し、何やら主張を始めた。会場は一気に騒然とした空気になった。

 この時、フェデラーの後方に立っていたボールボーイが手にしていた予備ボールを誤って落とし、慌てて拾い上げたのだ。これが視界に入り、プレーを止めたのだ。ルール上、問題はなく、主審もフェデラーに説明した上でやり直しを認めた。しかし、世界的人気を誇るフェデラー贔屓のロンドン観衆はブーイングの声を上げた。

 結局、この後にフェデラーのミスもあってミニブレークに成功したズベレフが勝利。ただ、直後の勝利者インタビュー、納得のいかない観衆から大ブーイングが降り注ぎ、ズベレフも「初めに僕はタイブレークの際のボールボーイが落球した件について謝りたい」と切り出し、勝者が謝罪をする異例の展開となった。

 正当なプレーをしたとインタビュアーから水を向けられても「僕はロジャーに謝った。彼は問題ないと言ってくれた。観衆にも謝りたい。ここには多くのロジャーファンがいる。彼は世界中にファンがいてそれに値する人間だしね」と置かれた状況を理解し、予期せぬ波紋を呼んだことに申し訳ない気持ちを示した。

1/2ページ

最終更新:11/18(日) 10:11
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ