ここから本文です

遅刻魔デンベレはバルサのお荷物?プジョルから届いた、愛ある説教。

11/18(日) 11:01配信

Number Web

 バルサがメッシ不在の3週間を無敗で乗り越えた。

 ラ・リーガではレアル・マドリーとのエル・クラシコを5-1で制し、大苦戦したラージョ・バジェカーノ戦も劇的な逆転勝利を手にした。今季最大の目標であるチャンピオンズリーグでは2試合ともにインテルを圧倒。アウェーではワンチャンスを活かされ引き分けに持ち込まれたが、2試合を残して決勝トーナメント進出を決めている。

 この間にはルイス・スアレスの復調、ラフィーニャの猛アピール、新戦力マルコムの初ゴールなど、嬉しいニュースがいくつもあった。

 一方で、深刻化した問題がひとつある。ウスマン・デンベレである。

覚醒と思いきや練習無断欠席。

 シーズン序盤こそ左FWの先発に固定して起用され、立て続けにゴールを決めて「2年目の覚醒」への期待が高まった。

 しかし不用意なボールロストや守備意識の欠如といった課題は相変わらずで、アルトゥールがインサイドMFに定着した10月以降は出番が激減。ゆえにメッシの負傷離脱は先発復帰をアピールする絶好の機会だったのだが、その間も軽いプレーが改善される気配はまったくなかった。

 さらにはピッチ外の問題も最悪のタイミングで重なった。11月8日の練習を連絡なしに休んだのだ。

 期待外れのプレーが続くなか、以前から問題視されてきた遅刻癖や不摂生を正す意識も見られない。これでは救いようがないとばかりに、地元メディアはこの一件を機にデンベレのプロ意識の低さを大々的に批判しはじめた。

 無断欠勤の理由は急性胃腸炎により寝込んでいたことだったが、電話連絡ひとつ寄こさない責任感の欠如は“仏のバルベルデ”も見逃すことはできず、直後のベティス戦ではベンチからも外されることになった。

スアレスらも、さじを投げた?

 そのベティス戦でもスタンドに姿を現したのはキックオフの5分前で、ハーフタイム後は後半開始から3分以上経過してから席に戻ってくる様子がテレビカメラに捉えられている。

 これでは反省の色が感じられないと言われても仕方ない。

 こうした状況下、イングランドではリバプールが来年1月にも1億ユーロ以上の移籍金を用意してデンベレ獲得に動くとの情報も出てきた。

 この情報を受け、地元メディアがウェブサイトで行なったアンケートでは、「1億ユーロでリバプールにデンベレを売るべきか?」との質問に対して「イエス」の回答が69%近くを占めた。

 その後もデンベレ絡みの報道は後を絶たず、フランス紙レキップは一面で「デンベレの危機」と題し、ルイス・スアレスら一部のチームメイトもさじを投げはじめたと報道。

 ドイツ紙ビルトには、デンベレがドルトムント時代に住んでいた家の家主が約2万ユーロの賠償金を請求したとのニュースも出た。同紙に綴られた家主の証言は衝撃的なものだ。

 いわく「至る所にゴミや残飯が散乱していた。床はシミだらけで、冷蔵庫の中には腐った食材、クローゼットには使い古しのビニール袋、玄関には未払いの請求書が山積み。退去時には契約期間も守らず、鍵も返してくれなかった」という。

 これが真実ならば、もはやプロ意識云々ではなく、人として問題があるレベルである。

1/3ページ

最終更新:11/18(日) 11:01
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

967号
12月6日発売

定価590円(税込)

日本代表 僕らの時代。

【三銃士の肖像】 南野拓実/堂安律/中島翔哉
【炎の守護神 引退】 川口能活 1994-2018

あなたにおすすめの記事