ここから本文です

アウトドア用品の専門家がつくると、チャイルドシートはここまで進化する

11/19(月) 19:11配信

WIRED.jp

子どもがチャイルドシートなしでクルマに乗るのが極めて危険であることは、多くの親が理解しているだろう。米運輸省道路交通安全局(NHTSA)が1996年に行った調査によると、チャイルドシートを使用すれば致命傷を負う確率が減り、乳児では71パーセント、1~4歳の幼児では54パーセント減少するという。

【動画】まったく新しいチャイルドシート

しかし、車中に子どもの安全地帯を設置するのはなかなか大変だ。チャイルドシートは衝撃吸収材とプラスティックでできた巨大な「装置」である。複雑な方法でシートベルトを絡ませる必要があり、取り扱い上の注意書きも異常に多い。取り付け、手入れ、持ち運び、どれをするにもちょっと臆してしまう。その証拠に、初めてチャイルドシートを取り付ける際は専門業者を呼ぶ親も多い。

「チャイルドシートの部品の多さに、多くの人が怖じ気づいています」。そう語るのは、キッズ・セーフ・ワールドワイド(Kids Safe Worldwide)で技術アドヴァイザーを務めるローリー・ウォーカーだ。同組織は事故による子どもの負傷を減らす取り組みを行っている。

例えば、「National Child Passenger Safety Certification」というプログラムでは、チャイルドシートの正しい使用方法などについて専門家の教習を受けられる。「チャイルドシートの扱いは本当に面倒なんです。トースターのように箱から出してコンセントにつなげば終わり、という代物ではありませんから」

旅行中に浮かんだアイデア

ティオ・チョンは数年前の旅行中に、この巨大で複雑な装置を座席に取り付けようと悪戦苦闘し、絶望的な表情を浮かべている親たちを目にした。チョンの一家は韓国のアウトドア用品メーカー「ドンイン・エンテック(Dong-In Entech)」を経営している。同社はアルミフレーム付きのリュックなど、高性能なアウトドア用品を取り扱っている。

旅行中の経験から、チョンにあるアイデアが浮かんだ。2014年、チョンは長らく家族付き合いをしているマイケル・クルークに電話をかけた。クルークはパタゴニアの前CEOで、現在はオレゴン大学の経営学修士(MBA)課程で持続可能なビジネスに関する講座を受け持っている。

チョンはクルークにこう話をもちかけた。アウトドア用品で培ったノウハウを活かして赤ちゃん向けの“ギア”を改良できないだろうか?

それから4年たった現在、チョンは父親とクルークとともに、新しく設立した企業ウェイビー(社名は「ベイビー」とかけている)で、家族向けの旅行用品の開発に取り組んでいる。その最初の製品は、まったく新しいチャイルドシートだ。

アウトドア用品の開発にあたっては、さまざまなポイントをクリアしなくてはならない。テントやハーネスを例にとってみよう。格好よく、できるだけ軽く、予期せぬ天候の変化にも対応できなければならないし、なにより吹雪にはまったり崖から滑落したりした際に、ユーザーの命を守れなくてはならない。

乳幼児向けの製品となるとどうだろう? 赤ちゃんの予測不能な行動にも対応できねばならず、開発にあたっては大人向けの製品以上に細心の注意を要する。

1/3ページ

最終更新:11/19(月) 19:11
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.31』

コンデナスト・ジャパン

2018年11月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.31|リブート号はUS版創刊25周年を記念した特大号!特集「ニューエコノミー」ぼくらは地球をこうアップデートする

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ