ここから本文です

ジダンは早くに悟っていた。このままマドリーで監督を続けたら…

11/19(月) 6:24配信 有料

SOCCER DIGEST Web

ロペテギの災難は、ジダンに降りかかっていてもおかしくはなかった。
ジダンは早くに悟っていた。このままマドリーで監督を続けたら…

CL3連覇を達成したわずか5日後のジダン(右)の電撃退任に続いて、エースのC・ロナウドも退団。マドリーの弱体化は誰の目にも明らかだった。(C)Getty Images

 10節のエル・クラシコで宿敵バルサに1-5の大敗を喫した翌日、マドリーのロペテギ監督が解任された。彼がビッグクラブを率いる器でなかったのは確かだが、前任のジダンが去った時点ですでにこの結末は見えていた。(文:ヘスス・スアレス/訳:小宮良之 2018年11月15日発売ワールドサッカーダイジェスト『ザ・ジャーナリスティック スペイン』を転載)

―――◆―――◆―――

 10月28日、クリスチアーノ・ロナウドもリオネル・メッシもいないエル・クラシコは、ホームのバルセロナが5-1でレアル・マドリーに勝利した。大差での決着となったが、さほど驚きはない。このスコアにも十分に説明がつくからだ。

 まず、戦前からマドリーは深刻な問題を抱えていた。10月に入って、チャンピオンズ・リーグ(CL)のグループステージ第2節でCSKAモスクワに0-1で屈すると、その後のラ・リーガでもアラベス、 本文:4,828文字 写真:3枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

最終更新:11/19(月) 6:24
SOCCER DIGEST Web