ここから本文です

「メッシの影響はあったかも…」。バルサ移籍騒動を振り返るグリーズマン

11/19(月) 22:32配信

フットボールチャンネル

 アトレティコ・マドリーのFWアントワーヌ・グリーズマンが、バルセロナへの移籍を断った理由をフランス『カナル・プリュス』の番組で話した。

【写真特集】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(10位~1位)

 フランス代表のグリーズマンは、今年夏にバルセロナへ行く可能性があった。だが、オファーを断ってアトレティコ・マドリーに残っている。

 バルセロナにはFWリオネル・メッシが在籍している。そのため、かつてはネイマールが、今はルイス・スアレスやフィリッペ・コウチーニョがサポート役になっている。

 残留決断はその影響があるのではないかと問われたグリーズマンは、「そうかもしれない。無意識なところで影響があったかもね」と返答した。

 ただ、「チームメートやクラブが、僕を残すために最善を尽くしてくれたということを話したい」ともコメント。あくまでアトレティコ・マドリーの努力により残留を決めたと強調している。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

あなたにおすすめの記事