ここから本文です

サッカーの年俸格差も調べてみた。上位はFWやMFだらけ、GKは……。

11/19(月) 7:01配信

Number Web

 他人の年収、やはり人間は気になってしまうようだ。

 プロ野球のそれを調べてつくづく実感したが、特に“格差”というものに引き寄せられてしまう。

【写真】イニエスタが魅せる“32億円のボールタッチ”。

 そして、プロアスリートの年俸が気になるのは日本だけではないようだ。

 最もワールドワイドなスポーツ、サッカーでもそうだ。

 イングランド、スペイン、ドイツ……欧州トップリーグがある各国メディアは試合結果やクラブ、選手同士の因縁を日々伝えているが、その大きな柱の1つに移籍の噂がある。

 契約期間内にある選手を引き抜くための「移籍金(違約金)」、選手にとってより良い条件となる「週給」や「年俸」……その額はここ20年ほどでとんでもなく高騰している。自分たちとは縁のなさそうな天文学的な数字。現実離れすればするほど、実は愉快なエンターテインメントになるのかもしれない。

 では彼らワールドクラスは、クラブからどれだけもらっているのか。そしてサッカーにもポジションによる格差はあるのか。またしても調査してみた。

 各国の報道をまとめたものなので、通貨がドルやらユーロやら混ざってくるのはご容赦願いたい。まずは「Forbes」誌が発表した、2018年「世界で最も稼ぐサッカー選手」トップ20から、年俸とボーナスのみを抽出した(1ドル=115円、1ユーロ=130円で換算。勝利給などは除く)。

メッシはあわや年俸100億円。

 1位:メッシ 8400万ドル(約96億6000万円)
2位:ネイマール 7300万ドル(約83億9500万円)
3位:クリスティアーノ・ロナウド 6100万ドル(約70億1500万円)
4位:ギャレス・ベイル 2860万ドル(約32億8900万円)
5位:オスカル 2590万ドル(約29億7850万円)
6位:ポール・ポグバ 2500万ドル(約28億7500万円)
7位:ルーニー 2200万ドル(約25億3000万円)
8位:チアゴ・シウバ 2140万ドル(約24億6100万円)
9位:ペッレ 2110万ドル(約24億2650万円)
10位:フッキ 2100万ドル(約24億1500万円)

 とりあえず、額が天文学的すぎて現実感がない。2017年にはネイマールが2億2200万ユーロ(約289億円)でPSGに移籍したが、その後バルサは「メッシまで取られちゃマズい」とばかりにメッシと新たに契約を結んだ。結果、あわや年俸100億円である。

1/4ページ

最終更新:11/19(月) 7:01
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

967号
12月6日発売

定価590円(税込)

日本代表 僕らの時代。

【三銃士の肖像】 南野拓実/堂安律/中島翔哉
【炎の守護神 引退】 川口能活 1994-2018

あなたにおすすめの記事