ここから本文です

マニア以外は購入厳禁!? 安くても買ってはいけない廉価グレードのクルマ3選

11/20(火) 11:40配信

WEB CARTOP

予算が足りないからとグレードを下げると後悔することも

 ほとんどのクルマは複数のグレードが存在し、搭載エンジンが変わる場合もあれば、装備で差がつく場合もある。その分、上級グレードは価格が高く、ロアグレードは価格が安くなるというのが常だ。そのため、本当は上級グレードが欲しいけれど予算の都合でグレードを落とすというのもよくあること。

残念ながら売れないミニバンがコレだ

 しかし、最廉価グレードに関しては「もはや別の車種」というほど装備差があるモデルも存在し、購入を後悔してしまう場合もある。今回はそんなオススメできない廉価グレードを持つ車種をご紹介しよう。

1)ホンダ・フィットハイブリッド

 ホンダのコンパクトハイブリッドカーであるフィットハイブリッドは、ホンダらしいキビキビとした走り味が人気のモデルとなっている。そのロアグレードとなるHYBRIDの価格は1,699,920円、そのひとつ上のグレードであるHYBRID・Fの価格は181万5480円とその価格差は11万5560円となっている(2WD車)。

 しかし、HYBRIDグレードを選んでしまうと先進安全装備の「Honda SENSING」はオプションで選択することもできず、ヘッドライトも旧式のハロゲンのみ。内外装の加飾はことごとく省かれるだけでなく、マップランプやラゲッジルームランプもなし。リヤワイパーすら装着されないのだ。さらにカタログ燃費の37.2km/Lを実現するためにHYBRIDグレードのみ燃料タンク容量が32リットルとなってしまう(他は40リットル)。

2)日産リーフ

 世界で一番売れている電気自動車である日産リーフ。特別仕様車やNISMOを除いたグレードは上からG、X、Sと3グレードとなる。ロアグレードのSの価格は315万360円で、中間グレードのXの価格は351万3240円と価格差は36万2880円と額としてはかなり大きなものとなる。

 さすがに先進安全装備は全グレード標準装備となっているが、日産自慢の高速道路同一車線自動運転技術のプロパイロットや、自動駐車システムのプロパイロットパーキングはSグレードではオプション選択ができない。さらにX以上で標準となる、充電施設などが検索可能なEV専用ナビゲーションも装着されなくなってしまう。さらに暖房時の電力消費を抑えるヒートポンプシステムも省かれてしまうため、寒い時期は極端に航続距離が短くなってしまう可能性をはらんでいるのだ。(写真は「G」グレード)

1/2ページ

最終更新:11/20(火) 11:40
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版

あなたにおすすめの記事