ここから本文です

サムスンの「折り畳み端末」は、スマートフォンの新時代を切り拓く

11/20(火) 18:11配信

WIRED.jp

サムスン電子が、折り畳みできる有機ELディスプレイを搭載したスマートフォンのコンセプトモデルを発表した。グーグルが折り畳み画面をAndroidでサポートすることを表明するなど、これを機に同様のコンセプトが広がる可能性も出ている。ベゼルレスやファブレットといった新しい付加価値でスマートフォン市場を切り拓いてきたサムスンは、今度も消費者を引きつけることができるのか。

果たして2画面の需要はあるのか?

スマートフォンは変化し続けている。昔のポケットサイズの機器から始まり、現在は外出先でのパソコンの代わりとして、そして飛行機でNetflixを観るためのテレビの代用にまで進化を遂げた。

そこで、タブレットとスマートフォンの中間サイズの“ファブレット”の分野で先駆けとなったサムスンは、いま新しい製品を投入する時期が来たと考えているようだ。それは何かさらに大きな物。具体的に言うと本のように開いて第2の大きな画面が現れるような。

11月7日(米国時間)にサンフランシスコで開催された毎年恒例の開発者会議で、サムスン電子は携帯電話の将来構想を披露した。薄明かりのなかで登場した新しい携帯電話は、広げると7.3インチのディスプレイになり、読書やテレビの視聴、または複数のアプリでのマルチタスクが可能になる。

「開いた状態では大画面のタブレットになります」と、サムスンの上級副社長であるジャスティン・デニソンは言う。「そして閉じれば、ポケットにすっぽり収まる携帯電話になります」

これはまだ、いまのところ構想でしかない。サムスンはこの製品の名称や発売予定を明かしてはおらず、デニソンはこの端末をステージで20秒ほど見せたあと、素早くポケットにしまい込んでしまった。

グーグルがOSの最適化を表明

しかし、過去にサムスンが示してきた折り畳みできる携帯電話のコンセプトとは異なり、このプロジェクトは今後も進展がありそうだ。グーグルは同日、Androidが今後は折り畳み仕様のディスプレイに公式に対応していくことを発表し、「折り畳み」という新ジャンルの端末における「滑らかな操作性」を実現すると約束した。

角が丸くなったディスプレイやベゼル(画面の枠)の縮小、ピクセルの精細化といった技術開発を、サムスンはこれまで何年もかけて推し進めてきた。また、片手で持つには大きすぎる携帯電話でも需要があることを証明し、スマートフォンのデザインがたどる軌跡に、それから何年にも渡って影響を与えた。もしかすると、また同じことが“曲がるケータイ”でも起きるかもしれない。

サムスンは少なくとも、デュアル画面で折り目のない携帯電話を初披露した2011年から、曲がるケータイの開発を試みてきた。いまも昔も、訴求されている機能はテレビを観たり、ヴィデオでチャットをしたり、複数のアプリ間でマルチタスクをするといった、より現実的な機能である。1つではなく2つの画面だと、携帯電話はより持ち運びに便利なパソコンのようになる。

まだ実現には至っていないものの、この夢はこれまで何年も存在してきた。レノボやファーウェイ、LGなどの他社も折り畳みできるスマートフォンの開発に挑戦してきており、つい先月も中国の新興メーカーであるRoyole(柔宇科技)から「FlexPai」という製品が登場した。

1/2ページ

最終更新:11/20(火) 18:11
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.31』

コンデナスト・ジャパン

2018年11月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.31|リブート号はUS版創刊25周年を記念した特大号!特集「ニューエコノミー」ぼくらは地球をこうアップデートする

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ