ここから本文です

プロの仲人に聞く。「どうやって恋人を見つけるか」

11/20(火) 23:10配信

ライフハッカー[日本版]

恋人を見つけるためにわざわざお金を払って仲人を雇う人はほとんどいないかもしれません。

【画像】プロの仲人に聞く。「どうやって恋人を見つけるか」

ですが、デートを成功させるために現実的で具体的なアドバイスが欲しいなら、プロの仲人のお世話になるのも手です。プロならではのベストなコツを教えてもらえるはずですから。

アレッサンドラ・コンティさんは、ロサンゼルス、ニューヨーク、ワシントンD.C、サンフランシスコに拠点を持つ認定仲人会社、Matchmakers In The Cityのセレブリティ・マッチメーカーです。

長年にわたり多くの人々のお見合いを成功させてきたコンティさんは、相応しい相手を見つける方法も、恋人探しがうまくいかない人が犯しがちな過ちもよくわかっています。

そこで、恋人探しを成功させるコツをコンティさんに聞いてみました。

世界が愛で満たされることこそ、マッチメーカーの究極の望みなのです。

消極的だとチャンスを逃してしまう

相手の経歴やソーシャルメディアのチェックをするために、スマホをスワイプしまくってうんざりしている人はたくさんいます。

コンティさんのクライアントの多くはそういう人たちだそうです。

Matchmaker in the Cityは、クライアントの代わりに、そうした調査をすべて行い、場合によっては初デートの前にじっくりインタビューもします。これはなかなかの作業です。

人は、そういう下調べを恐れる傾向があり、目標を念頭に置いて本気で相手を探すことに躊躇しがちだとコンティさんは言います。

でも、消極的だと出会いのチャンスを逃してしまいます。

「恋は思いがけなく訪れる」という神話を信じているクライアントの何と多いことか。私は「恋人は、探すのをやめると見つかる」という考え方は嫌いです。Netflixやインターネットが出現する以前なら、実際そうだったかもしれません。

でも、今は、恋人探しが人生の優先事項であるなら、消極的であってはいけないのです。

とは言え、コンティさんは、消極的になりがちな人の気持ちもわかると言います。

みんな感情的にも、精神的にも、肉体的にも疲れているんです。忙しくて時間がないので、毎晩外出しなければならない状況は望みません。

そこまで頑張っても、ペンフレンドで終わることもあれば、デートすらできないこともあります。出会い系アプリで1ヶ月間話した人と会ってみたら、写真とは全然違ったりすることだってあります。

そんなことになったら、がっかりですが、出会いの努力をすればするほど、出会う確率が高くなることも事実です。

恋人がむこうからやってくることはありません。自分で見つけに行かなければならないのです。

1/3ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

ガジェットなどを駆使し、スマートに楽しむ仕事術「Lifehack」。「ライフハッカー[日本版]」では、その言葉を広義に捉え、生活全般に役立つライフハック情報を日々お届けします。

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ