ここから本文です

RIZAP(ライザップ)グループ(2928) の株価急落!「ガラクタ」を買って成長するという戦略に矛盾。本業回帰で成長力はもどるのか…!?

11/21(水) 17:05配信

ダイヤモンド・ザイ

 外資系投資顧問でファンドマネジャー歴20年の山本潤氏による、10年で10倍を目指す成長株探しの第3弾。今回は、RIZAP(ライザップ)グループ(2928)の分析です(以後、ライザップと略記)。

潜在力は高いが買収先の業績が振るわない

 ★★☆☆☆(5段階中2 5が最高評価)

 1) ボディメイク事業のキャッシュフローで株価は評価される局面へ
2) 三日坊主市場の潜在力は高い
3) 瀬戸社長の決断に敬意
4) リスクは一見「割高な」会費

 今回は、2017年の高値から株価の下落が8割となったRIZAPグループ株式会社(2928)を取り上げます。

 11月14日にライザップは2019年3月期の業績を大幅に下方修正を行いました。営業利益は期初の230億円の黒字予想から一転、33億円の営業損失(赤字転落)を見込みます。なんと263億円もの大幅な下方修正です。

 大幅な下方修正の理由は主に以下の3つです。

 1)計画された企業買収を凍結したことで予定していた負の暖簾(のれん)が得られないこと
2)近年の買収先の業績が計画以下であること
3)買収先の追加リストラが不可避になり想定外の一時費用が発生すること
などです。

 負の暖簾とは、企業買収において、買収先の簿価(自己資本)よりも買収価格が低いとき、その差額です。

 負の暖簾が発生する企業は、成熟企業であり、将来の見通しが立て難い事業を営んでいます。また、負の暖簾の活用は「会計トリック」と呼ばれる利益かさ上げの手法のひとつです。ですが、これは違法ではありません。負の暖簾が発生する企業とは、つまり、PBRが大きく1倍を下回る企業であって、以下の特徴を有します。

 1)事業に強みがない
2)シェアが低い
3)価格交渉力が低い
4)利益が創出できないか利益率が低い

 これらの企業は、本来、「買ってはいけない」企業です。PBRが1倍を大きく下回る企業をたくさん買えば買うほど、負の暖簾という期間利益は増えます。PBRが1倍を下回る事業は赤字もしくは低収益で成長のない事業です。負の暖簾を多用することが、本当の意味での「企業成長」であるはずはありません。

 むしろ、PBRが低位の「ガラクタ」を買えば買うほど、ライザップはどんどん成熟企業になるはずです。「ガラクタ」効果により、RIZAP自身のPBRもどんどん下回っていくと考えるのが合理的な判断です。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

あなたにおすすめの記事