ここから本文です

戸田恵梨香&ムロツヨシ「大恋愛」から考える若年性アルツハイマー 自宅でできる脳機能チェックテストも

11/22(木) 13:00配信

デイリー新潮

 戸田恵梨香主演のドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」(TBS系 金曜22時~)。戸田演じる若年性アルツハイマー病を患った女医・北澤尚と、ムロ演じる売れない小説家・間宮真司のラブストーリーを描いた作品だが、2人の好演が話題を呼び、回を追うごとに注目が高まっている。
 
 尚は、日常の端々にその病を感じさせる。物忘れをしたり、自分が今どこにいるのか分からなくなったり、時には、真司の名前を間違えることもある。それでも尚は「真司の存在が、私に生きる力を与えるの」と語る。

 第5話で描かれたプロポーズのシーンは、特に印象的だった。真司のプロポーズの言葉に尚が「いつか真司の事忘れちゃうけど、いい?」と訊くと、真司は「いいよ」と返し「結婚してくれる?」と再度尋ね、尚は「うん」と答える――。2人の繊細で温かい心のやりとりに、視聴者からは毎週感動の声が寄せられている。

 ドラマを見ながら、アルツハイマーという病について、思いを巡らせる方も多いのではないだろうか。尚がよく言う「いつか自分が誰かも分からなくなる病気」という台詞。若い尚に降りかかる余りに残酷な未来に、不安を感じる方もいるだろう。

 1千人近い認知症患者を診てきた医師の榎本睦郎先生の著書『笑って付き合う認知症』によると、若年性アルツハイマー病とは65歳未満で発症した場合を指し、アルツハイマー型認知症全体の5%程度だという。一般的なアルツハイマー病と違い、遺伝性が強いのが特徴で、70代や80代で発症する人に比べ病気の勢いが強いのだという。それでも榎本先生は「たしかに大変な病気ですが、あきらめてはいけません」と語り、ある症例を紹介している。

「これは、私の患者さんで60代前半にアルツハイマー病を発症したかたの話です。

 若年性アルツハイマー病ということでご家族が不安を感じ、ある先生の講演会に行ったそうです。そこで、『若年性の場合は進行が早いので、5年から6年で寝たきりになって亡くなります』と聞き、ますます不安になってしまったらしいのです。

 でもその患者さんは、私が診るようになってからもう1年になるのに、ひとりで卓球に出かけて楽しまれたり、社会生活が維持できている。ごく初期の段階で受診して治療を開始したことが、良好な経過につながったと思われます。

 心配されるご家族のかたに、私はこんなふうにお答えしました。

『若年性認知症であっても、その人に合った薬を飲んでいれば、坂道を転げ落ちるように進行することはないと思いますよ。何か問題が出てきたら、そのつど私が責任を持って一緒に考えますから大丈夫です』

 そうしたら、ご家族もひと安心され、今の言葉を支えに頑張りますと、言ってくださいました」(同書より引用)

 ドラマでも松岡昌宏演じる担当医・井原侑市が尚に、病気の進行を遅らせるために適度な運動やバランスの良い食事を心がけるように伝えていたが、榎本先生も「認知症の予防といっても、特効薬はありません。普通に考えて、健康によさそうなことをやっていく、そのことに尽きます」(同書より)とアドバイスしている。

1/2ページ

最終更新:11/22(木) 13:00
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

あなたにおすすめの記事