ここから本文です

清水監督、後半AT15分乱闘騒動で神戸選手に同情 「レフェリーに残念な気持ちを持つのは当然」

2018/11/24(土) 18:04配信

Football ZONE web

ヨンソン監督は神戸の選手たちに対して理解示す

 24日、J1第33節で清水エスパルスとヴィッセル神戸が対戦し、3-3で迎えた後半アディショナルタイム15分に両軍が入り乱れる乱闘騒動が勃発した。試合後、ヤン・ヨンソン監督は「レフェリーに相手選手が残念な気持ちを持つのは当然」と神戸の選手たちに対して理解を示している。

【関連動画】神戸FWウェリントンが退場処分に激高! 審判との間に割って入った清水GK六反を投げ飛ばした衝撃シーン

 試合は前半26分、MFアンドレス・イニエスタの華麗なループパスからMF藤田直之が決めて神戸が先制。同39分にMF河井陽介の一撃で清水が追いつくも、後半7分にFW古橋亨梧、同17分にMF三田啓貴の連続ゴールで神戸が3-1とリードする。劣勢の清水だったが、終了間際の同42分にFWドウグラスが1点返し、アディショナルタイム14分にはCKでパワープレーに出ていた清水のGK六反勇治が渾身のヘディングシュートで同点ゴールを決めた。
 
 だが直後の同15分、清水MF石毛秀樹に対して神戸FWウェリントンが激しいタックルをお見舞いし、相手ベンチとの言い合いをきっかけに両軍が入り乱れる乱闘騒動に発展。直後に退場処分を言い渡されたウェリントンが判定に激高し、仲裁に入った六反を投げ飛ばし、再び騒然とした雰囲気に包まれた。

 清水の元北朝鮮代表FW鄭大世は判定について言及したが、ヨンソン監督も次のように語っている。

ヨンソン監督 「レフェリーもミスは起こし得る」

「本来はここで戦術について話すべきだと思うし、コメントしづらいところではあるが、レフェリーも確かにミスっていうのは起こし得るところだと思う」

 ヨンソン監督は暗にこの日の判定についての見解を示した一方、「みんなでサポートして試合を戦っていかなければならない」と言及。そのうえで、終盤に起きた乱闘騒動も含めて、神戸の選手たちが様々な感情を抱くのは当然と主張している。

「レフェリーに対し、相手選手が残念な気持ちを持つのは当然だが、我々は勝ち点を取れたという意味で良かった」

 相手選手たちの気持ちを慮ったヨンソン監督だったが、今季リーグ戦の本拠地最終戦で驚異的な巻き返しを見せた自チームの健闘ぶりを称えていた。

Football ZONE web編集部

最終更新:2018/11/25(日) 11:17
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事