ここから本文です

現実と夢が背中合わせのFA【川口和久のスクリューボール】

11/25(日) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

巨人、ソフトバンクが予想どおりの圧勝?
現実と夢が背中合わせのFA【川口和久のスクリューボール】

最大の注目は丸かな。残留か巨人かロッテか、後悔のないよう考えてほしいな

 日米野球も終わってFAが交渉解禁となった。今年の宣言は5人。宣言残留した西武・中村剛也以外の広島・丸佳浩、西武・浅村栄斗、オリックス・西勇輝、西武・炭谷銀仁朗が各球団と交渉することになる。

 たださ、意外と選手も怖いんだ。ファンからは「おカネを選ぶのか」とたたかれるし、ルール上、宣言前に他球団と話はできないから、いざ宣言したら、どこも手を挙げない可能性だってある。昔の広島みたいに宣言残留を認めない球団だと、それで現役が終わる可能性だってないわけじゃない。みんな新聞やネットを必死に見て、自分が本当に“売れるか、売れないか”を考えてからやったと思うよ。

 でも、この4人は、しっかり買い手があって、早くも争奪戦が始まっている。金額がまたすごいな。ソフトバンクが浅村に4年28億円とかあったけど、いまが推定2億1000万円だから3倍以上。そりゃ行くでしょう、って感じだね。ソフトバンクは西も獲得しそうだけど、ウワサどおりなら残る丸、炭谷が巨人。FA戦線は補強資金豊富な巨人、ソフトバンクの大勝利という当たり前の結果に終わりそうだね。けど、金額が金額だし、人的補償もある。選手だけじゃなく、球団にとってもFAはギャンブルだよね。

 ほんとかどうか知らないけど・・・ 本文:1,548文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール