ここから本文です

メドベージェワ、“初表彰台落ち”に失意「100%精神的な問題。弱気な考えあった」

2018/11/25(日) 11:12配信

THE ANSWER

らしさ失った女王、まさかの4位に心境吐露「ミスを認めます。諦めてしまった」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦フランス杯は24日(日本時間25日)、女子フリーが行われ、平昌五輪銀メダリストでショートプログラム(SP)3位のエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)は125.26点で合計192.81点。シニアデビュー後、自己ワーストの4位に終わり、初めて表彰台を逃した。試合後、「100%精神的な問題。ミスを認めます。弱気な考えがあった」と失意の心境を明かしている。

【画像】ここはどこ!? メドベージェワ「恋に落ちました」 女王を魅了した「大好きな日本の街」は?

 かつての女王らしさを見せることができなかった。メドベージェワは冒頭の2回転アクセルでバランスを崩すと、以降も動きにキレがなく、ミスが相次いだ。笑顔なく滑り終えると、フリー5位となる125.26点のスコアを呆然とした表情で見つめた。シニアデビューした15-16年シーズン以降、初めて表彰台を逃す事態となった。

 IOC運営の五輪専門サイト「オリンピックチャンネル」公式ツイッターによると、試合後は「100%精神的な問題です。ミスを認めます。弱気な考えがあった。切望していました。力が入りすぎてしまった。思ってもいませんでした」と話したという。また、同公式サイトでは「心をコントロールできなかった。考えてもいませんでした。そう、このプログラムを諦めてしまったんです。これから私たちは改善していかなければいけない」とのコメントも紹介している。

 GPファイナル進出を逃し、失意の心境を明かしたメドベージェワ。今季はエテリ・トゥトベリーゼ氏からブライアン・オーサー氏に師事し、再スタートを切った。ロシアからカナダに拠点が移り、練習施設、指導方法も変わり、環境に馴染んでいくには時間も当然かかるだろう。今は前を向き、一歩ずつ進んでいくしかない。

THE ANSWER編集部

最終更新:2018/11/25(日) 11:28
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事