ここから本文です

LiLiCoも「恋したくなる」と大絶賛! 演技派俳優競演のごちそう映画が公開〈週刊朝日〉

12/1(土) 11:30配信

AERA dot.

 演技派俳優競演の、美味しくて笑えるごちそう映画「マダムのおかしな晩餐会」が話題になっている。監督は著作が14カ国に翻訳されているフランスの人気作家で、映画は本作が2作目のアマンダ・ステール。今も根深いフランスの階級社会や近隣国からの出かせぎ、リアルな夫婦問題を、毒気たっぷりに描いているのも魅力。

【「マダムのおかしな晩餐会」のワンシーンはこちら】

■豪華ディナーに招かれざる客がひとり

 エレガントなパリに越してきた裕福なアメリカ人夫婦のアン(トニ・コレット)とボブ(ハーヴェイ・カイテル)。セレブな友人たちを招いてとびきり豪華なディナーを開こうとするが、放蕩息子が突然帰還したせいで、出席者が不吉な13人になってしまう。

 大慌てでスペイン人メイドのマリア(ロッシ・デ・パルマ)をミステリアスなレディーに仕立て上げ、ディナーに出席させるが、ワインを飲みすぎたマリアは下品なジョークを連発。逆にこれが大ウケし、ダンディーな英国紳士が彼女にひとめ惚れ、求愛されるハメに。思わぬ恋に舞い上がるマリアに激しく嫉妬するアン。しかし今さら正体を明かせない。そんなアンにもトキメキが訪れて……。

 本作に対する映画評論家らの意見は?(★4つで満点)

■渡辺祥子(映画評論家)
評価:★★★ なかなかGOOD!
正式ディナーに替え玉出席、「どんな会話をすればいいの?」と怯えて慌てる出稼ぎメイドに聞かれたマダムは「女は笑ってウソをつく」。スノッブ連中に爪のアカでも飲ませたいメイドの無邪気が小気味よく、楽しい小品。

■大場正明(映画評論家)
評価:★★★ なかなかGOOD!
嘘や勘違いから現実と幻想が絡み合う展開や、身内の秘密を勝手に小説にしてしまう息子の存在など、ウディ・アレンの影響が大きい。コメディー仕立てではあるが、階級社会や支配欲に対する風刺はかなり痛烈で、毒がある。

■LiLiCo(映画コメンテーター)
評価:★★★★ 超オススメ、ぜひ観て
軽いマウンティングがおかしい。やったことは自分に返ってくる! 身分の火花が散るなか、お洒落ライフが好きな方にはインテリア、食卓、ライフスタイル全般にヒントがちりばめられています。おまけに恋したくなる~!

■わたなべりんたろう(映画ライター)
評価:★★★ なかなかGOOD!
アメリカ、スペイン、オーストラリア、イギリスの俳優の共演でフランス人の監督による何とも奇妙な味の映画。才気走りの面もあるが出演者の演技が補っている。読めない展開とエンディングの解釈で評価が分かれるだろう。

(構成/長沢明[+code])

※週刊朝日  2018年12月7日号

最終更新:12/1(土) 11:30
AERA dot.

記事提供社からのご案内(外部サイト)

AERA dot.

朝日新聞出版

「AERA」毎週月曜発売
「週刊朝日」毎週火曜発売

「AERA dot.」ではAERA、週刊朝日
アサヒカメラの記事や、独自取材の
芸能記事などを読むことができます。さらに
アサヒパソコンのオンライン版もあります!

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ