ここから本文です

社長の幼少期をリサーチ|“社長脳”を育てるおもちゃ1位はボードゲーム

11/28(水) 7:01配信

サライ.jp

会社員なら一度は思う「社長」になる夢。社長になる人は生まれつきその素養がある!?

全国の社長のカード付きポテトチップスをきっかけに、PRや採用、 ブランディングなどを支援するプラットフォーム 「社長チップス」 を提供している株式会社ESSPRIDEが行った「社長の幼少期」に関する調査結果を紹介しよう。

全国の「社長さん」に聞きました!あなたがつけている時計のブランドは?

【調査方法】
1.調査の方法:インターネット調査(株式会社Shake hands by ESSPRIDE調べ)
2.調査対象者:全国の20~59歳で従業員数2名以上300名未満の経営者男女 100名
(男性:97名、女性:3名)
3.調査実施日:2018年11月13日(火)~11月15日(金)
※ 本調査における「幼少期」は、生まれてから小学校卒業までの期間としています。

Q. あなたの兄弟姉妹での生まれ順をお答えください。(単数回答 n=100)

【兄弟姉妹での生まれ順】

社長の兄弟姉妹の中での生まれ順を調査したところ、「長子」が最も多く、4割の社長が長男/長女だった。次いで多いのは「末子」32.0%だった。

幼少期の兄弟姉妹関係でのエピソードを聞くと、「長子」は洋服や学用品がお下がりでなく新品を買ってもらえることを得だと感じながらも、「お兄ちゃん(お姉ちゃん)だから」という理由で我慢をさせられることがあったり、兄弟でいたずらをしたときに一番に叱られたりしていたようだ。長子の社長は幼少期に忍耐や責任感を培われた方が多いのかもしれない。

「末子」は家族や親戚に可愛がられる一方、兄や姉に力で勝てず、ケンカに負けたり食べ物を先に取られたりという悔しい思いをしていたようだ。しかし初めてのことでも兄や姉から学べたことは幸運だとも感じているよう。末子の社長は兄や姉を見て成功体験・失敗体験を知り良いところは取り入れ、リスクは避けるという、末っ子らしい要領の良さを経営にも発揮しているのかもしれない。

Q. あなたの父親のご職業をお答えください。(複数回答 n=100)

【あなたの父親の職業は】

社長の父親の職業を聞いたところ、最も多いのは「社長」で36.0%。今回の調査対象は男性社長が大多数だが、男の子にとって幼少期に一番身近な手本となる存在のひとりが父親だろう。その父親が社長である場合、会社経営における様々な事象を乗り越えながら家族や社員の生活を支え、道を切り拓く姿が将来の目標となり、自分自身も社長の道を歩む方が多いのかもしれない。

1/4ページ

最終更新:11/28(水) 7:01
サライ.jp

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ