ここから本文です

若い血液が「若返り」の万能薬になる?

11/29(木) 12:16配信

WIRED.jp

2000年代の初め、スタンフォード大学の少数の若手科学者たちは、カリフォルニア州パロアルトの大学キャンパスを「マウス縫い合わせ」の世界の中心地に変えた。数世紀前に開発された並体結合(parabiosis)と呼ばれる実験を復活させたものだ。

老化する人間の細胞を「若返らせる」ことに成功

これは数十組の若齢マウスと高齢マウスの血管をつなぎあわせて、互いの血液を行き来させるものである。ぞっとするような実験だが、高齢マウスは実験前よりも力強く健康になった。このため長寿を熱望する21世紀の人々にとって、“治療薬”としての若い血液の可能性が知られるようになったのだ。

若返りの過程で何が起きているのかを解明するにはまだまだだが、スタンフォードの並体結合研究をきっかけに、ヒトでも同じように劇的な効果を上げようと狙う野心的なスタートアップ企業が誕生した。

若い血液由来の製剤メーカーであるエレヴィアン(Elevian)は、いつの間にか550万ドル(約6億1,350万円)の投資を集めて誕生した。デス・ディスラプション(死の創造的破壊)を追求するシリコンヴァレーの大物、ピーター・ディアマンディスも投資したひとりだ。

血液と加齢の関係

メディアをにぎわすこうした話題の裏側には、驚きの科学がある。血液の特に血漿と呼ばれる黄色の液体成分には、タンパク質などの化合物が豊富に含まれ、それらから体内のすべての細胞の機能状態が読みとれる。また、血漿中の成分の比率は、ヒトや動物の加齢とともに変わることが研究で明らかになっている。

細胞の増殖と修復を促す化合物が多い若い血液に比べて、高齢者の血液では組織傷害の兆候が多くみられる。エレヴィアンは若い血液がもつ若返り作用を起こすものとして、血漿タンパク質から増殖分化因子GDF-11を選び出した。

エレヴィアンは当初、アルツハイマー病や冠動脈性心疾患、加齢による筋機能不全の治療薬として、GDF-11をベースとする薬の開発を行っていた。しかし、創業者たちはあらゆる加齢関連疾患が対象になるとしている。

エレヴィアンを創業した5人の科学者のうちのひとり、ハーヴァード大学の神経科学者リー・ルービンは次のように話す。「われわれの研究がユニークなのは、すでに損傷してしまった組織の機能が、損傷の原因を問わず改善できるからです。つまり、この道を進んでいけば、さまざまな疾患の治療につながるでしょう」

1/4ページ

最終更新:11/29(木) 12:16
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.31』

コンデナスト・ジャパン

2018年11月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.31|リブート号はUS版創刊25周年を記念した特大号!特集「ニューエコノミー」ぼくらは地球をこうアップデートする

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ