ここから本文です

膨らむ「大阪復権」の夢 大阪万博再来で始まる 費用とカジノの綱引き

11/30(金) 18:01配信 有料

週刊東洋経済

膨らむ「大阪復権」の夢 大阪万博再来で始まる 費用とカジノの綱引き

(前列左から)大阪開催が決まり、喜ぶ世耕弘成経産相、榊原定征・経団連前会長、松井一郎大阪府知事(時事)

<2018年12月8日号> 55年ぶりの国際博覧会(万博)開催の報は、大阪の人々に半世紀前の繁栄の記憶を呼び起こし、気分を高揚させた。

「商都・大阪復活へ最後のチャンス。1970年万博が“産業革命”だったように、われわれ商業者もインバウンドとスマートフォン・AIの時代に対応して変わるきっかけにせなあかん」と、市内にある約300の商店街を束ねる大阪市商店会総連盟の千田忠司理事長は語る。

千田氏が理事長となって24年の間に会員数は半減したという。自身も難波で食器店を営み、街の衰退を感じている。危機感から「オール大阪」の招致活動を呼びかけ、旗振り役となってきた。70年万博のコンパニオンだったという女性は「にぎやかで本当に楽しかった。あの活気が戻るのはうれしい」と笑顔を見せた。 本文:2,156文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

松本 創 :ノンフィクションライター

最終更新:11/30(金) 18:01
週刊東洋経済