ここから本文です

ブラック企業は「辞めるのも命がけ」28歳が怒りの告白。着拒しても鳴る電話…

2018/11/30(金) 8:57配信

bizSPA!フレッシュ

「自分の会社、ブラックかも」

 そう思っても辞めることには迷いもあるでしょう。辞めたあとの生活への不安や、そもそも辞めると伝えること自体へのハードルの高さもあります。

 ブラック企業はどう辞めればいいのか、またベストな辞め時は? 法律的には、労働者が辞める自由は保証されていますが、退職を妨害するひどい会社もあるでしょう。

 実際に超ブラック企業を辞めた川崎次郎さん(仮名・28歳)に話を聞きました。

やっと手に入れた正社員の職。それが地獄の始まりだった

「今思えば初めからブラックの雰囲気はありました。でも当時は余裕がなくて気づけなかったんです」(川崎さん、以下同)

 川崎さんはそれまで非正規で働いてきましたが、このままでは将来が不安だという思いから27歳のときに正規採用の仕事を探し始めました。
 そして東京都の若者支援事業で紹介された会社に就職しましたが、そこがまさかの“真っ黒”な企業でした。

「採用された会社は中目黒にあるIT系の人材派遣会社です。まず覚えさせられることは、派遣先との面談での嘘のつき方でした。『これまでに1年以上のシステム運用監視の実務経験があります』などと嘘をつくように指示されます。入社したばっかりで、本当は何も知らないのにですよ」

 おかしいと思いつつもやっとつかんだ正規社員としての職。「働くために必死でした」と川崎さんは嘘をつくことに決め、派遣先が決定しました。
 しかし、そこからが地獄の始まりでした。

「絶対に許せません! できることなら潰してやりたいですよ、あんな会社!!」と、川崎さんは語気を強めます。一体何が彼にあったのでしょうか?

「お前は何も生産していないんだから文句を言うな」

「その会社の勤務時間は、9時から18時となっています。しかしその規則が守られたことはなくて、終電ギリギリの23時45分まで働く毎日でした。

 派遣先での仕事は17時で終わりますが、本社に戻ってまた別の業務がはじまります。本社に戻る交通費も、残業代も出ません。自主的に戻ってきて働いているという扱いなんです」

 派遣先から自宅にそのまま帰ることはできなかったのかと尋ねると、「そこがあいつらの狡猾なところなんですよ!!」と、川崎さんの怒りが爆発。

「私のような新入社員は、ベテランの社員複数人と同じ現場に派遣になります。派遣先の仕事が終わったらベテランの社員に囲まれて強制的に本社に戻されて働かされます」

 ベテラン社員は50万円以上の給料をもらっているからまだ耐えられたとしても、若手社員は手取り13万円。休日出勤も当たり前で、休みはほぼなかったそうです。

「私が『家に帰してください』と頼んだら、恫喝されるんです。『お前は何も生産していない。先輩たちが稼いだ分を食いつぶしているんだから、文句を言うな。むしろ学ばせてもらってありがたいと思え』って」

 休日もなく、一日15時間近く働く生活のなかで川崎さんは心身に異常をきたしていきます。

1/2ページ

最終更新:2018/11/30(金) 8:57
bizSPA!フレッシュ

あなたにおすすめの記事