ここから本文です

ジャニーズ事務所で相次ぐ解雇・退所・活動休止、アイドルを続けるのはなぜ難しいのか

12/1(土) 19:00配信

週刊女性PRIME

 SexyZoneの松島聡が、当面の芸能活動休止を発表した。パニック障害を理由にあげるが、10月にはKing & Princeの岩橋玄樹が同様の理由で活動休止したばかりだ。

 11月30日には、ジャニーズJr.内のユニット『Love-tune(ラブ・トゥーン)』の解散とメンバー7人の退所が発表され、ファンの間で動揺が広がっている。

 2018年は、元TOKIOの山口達也が強制わいせつによる芸能界引退をはじめ、タッキー&翼の解散と、滝沢秀明の芸能界引退、今井翼の事務所退所。

 そして関ジャニ∞の渋谷すばるのグループ脱退と退所、Hey! Say! JUMP岡本圭人の海外留学による活動休止と、多くのジャニーズタレントが新たな道へと歩き始めた一年だった。

オリジナルメンバーで頑張る6組

 現在活動するジャニーズのグループの中で、デビュー当時のメンバーのまま活動しいるのは、KinKi Kids、V6、嵐、Kis-My-Ft2、A.B.C-Z、ジャニーズWESTの6組。デビュー10年を越え、オリジナルメンバーでの活動を続けているのは、KinKi Kids、V6、嵐の3組となる。

「ほかに、錦織一清さんが演出などの裏方仕事に注力し、表舞台に出ることが減り、実質グループとしての活動が何年も行われていませんが、少年隊もオリジナルメンバーのまま、解散も脱退もなく存続しています」

 と、ジャニーズ事情に詳しいテレビ誌記者は言う。

「デビューから10年以上、オリジナルメンバーのまま活動しているグループは、それぞれが、グループでの活動と並行しながらソロでも活躍し、充実していますよね。もちろん、ソロ仕事の量や質には差はありますが、いわゆる格差というほどではありません」(前出・テレビ誌記者)

 KinKi Kidsの堂本光一は『Endless SHOCK』などの舞台を中心にし、堂本剛は『ENDRECHERI』名義でソロアーティストとしての活動を何年にもわたり、コンビ活動と並行している。

「V6は、本人たちもよくネタにしていますが、デビュー当初こそカミセンとトニセンでの格差が相当エグかったです(笑)。

 でも、“兄組”であるトニセンの井ノ原快彦がNHK『あさイチ』で朝の顔を務めたり、坂本昌行はミュージカルなどの舞台、長野博はグルメ系で活躍し、それぞれの特性を活かした仕事が増えました。年齢を重ねるとともに充実し、V6の6人は対等のグループになったといえます」(前出・テレビ誌記者)

 嵐も同様に、5人それぞれがレギュラー番組やドラマ、映画などでソロとしての活躍が続く。前出の記者が続ける。

1/2ページ

最終更新:12/1(土) 21:36
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」12/25号

特別定価410円(税込)

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ