ここから本文です

羽生、ISU公式のGPハイライト特集に登場 16歳紀平は「新星出現」の筆頭に

12/1(土) 21:03配信

THE ANSWER

ISU公式サイトが全6戦を総括「この6週間で何が起こったか振り返ろう」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズは全試合を終え、GPファイナル(バンクーバー)の出場選手が出揃った。国際スケート連盟(ISU)は今季の全6戦を回顧。日本勢では羽生結弦(ANA)、紀平梨花(関大KFSC)が取り上げられている。

【画像】この1枚に「なんて可愛いの」と2万超反響! サーシャ君が公開した羽生結弦との“天使すぎる2ショット”の実際の写真

 世界6か所で熱戦が繰り広げられたGPシリーズ。ISUは公式サイトで「3つの大陸の6つの国で6つの大会が:GPシリーズのハイライト」と特集し、「このGPシリーズで起こった出来事、この6週間で何が起こったのか振り返ってみよう」と回顧している。

「ジャンピングハイ」と題した最初の項目では、まず羽生を特集。「五輪覇者のユヅル・ハニュウはヘルシンキ大会で今季最高得点を叩き出した。彼はまた、ユニークな4回転トウループと3回転アクセルの連続技を成功させた」。史上初めて決めた高難度コンビネーションを決めるなど、鮮烈な印象を残したことを伝えている。

 一方で「ところで、この日本人のスーパースターには、一体いくつのプーさんが投げ入れられたのだろう?」と今季もフィンランドとロシアの地で“プーさんの雨”が降り注いだことをレポート。残念ながら右足首の負傷のため、ファイナル欠場が決まったが、再びリンクが黄色く染まる日を誰もが待ち望んでいる。

「新星出現」の筆頭に紀平「表彰台に上がるだけでなく2つの大会で優勝」

 さらに「新星が出現」と題したトピックでは「ISUのフィギュアGPシリーズのニューカマーの一人として表舞台に姿を現し、表彰台に上った」と記し、初めてGPシリーズ表彰台に上がった面々をクローズアップ。その筆頭に挙がったのは紀平だった。

「リカ・キヒラはただ表彰台に上がっただけでなく、初のGPシリーズ参戦で、NHK杯とフランス杯という2つの大会で優勝を飾った。金メダルに輝く過程でこの16歳は、3回転アクセルと3回転トウループのコンビネーションを披露した」とレポート。女子初の連続ジャンプを武器にして、圧巻の連勝劇を演じたことを伝えている。

 日本が誇る男子の絶対王者と女子の新星。新シーズンの前半戦を盛り上げたGPシリーズで羽生と紀平は、男女の主役の一人になったことは間違いない。GPファイナルに出場する紀平は、再び世界を沸かせる演技はできるのか。注目の戦いはもうすぐだ。

THE ANSWER編集部

最終更新:12/1(土) 21:38
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

あなたにおすすめの記事