ここから本文です

王者は王者を知る。最後のアロンソにハミルトンとベッテルが示した敬意。

12/2(日) 9:01配信

Number Web

 いままで見たことがない光景だった。

 '18年のF1最終戦アブダビGPのレース直後、11位でフィニッシュしたドライバーを、優勝者と2位のドライバーが讃えながらホームストレートまでエスコートし、3台がそろってドーナツターン。

 アブダビGPで優勝したルイス・ハミルトンと2位のセバスチャン・ベッテルとともに、総立ちになった観衆の前で、華麗にドーナツターンを演じたのは、この日がもしかしたら最後のF1になるかもしれないフェルナンド・アロンソだった。

 その光景にこみ上げてくるものを感じつつ、同時に複雑な感情が入り混じっていた理由は、じつはアロンソはまだ正式にF1からの引退を表明していないからだ。

アロンソが次に狙う偉業とは?

 アロンソがF1から離れることを発表したのは、今年の8月。その発表は「'19年はF1でレースはしない」という内容だった。したがって、'20年以降にアロンソがF1に復帰する可能性がない訳ではない。だが、すでにF1で数々の成功を収めてきたアロンソが復帰したいと思うだけの目標が2年後に残っているかと言われれば、うなずくのは簡単ではない。

 「F1ドライバーになって、グランプリに勝ち、チャンピオンにもなった。ルノーでチャンピオンになった後、マクラーレンやフェラーリというトップチームでも走った――F1で夢見たことの全てを僕はやり遂げた。もう37歳だし、F1以外で残されているチャレンジをやりたいんだ」

 アロンソに残されたチャレンジ。

 それは、F1モナコGP、ル・マン24時間レース、インディアナポリス500マイルレースという世界三大レースを制して、トリプルクラウンを達成するという夢だ。

過去3冠達成の人物は1人だけ!

 過去にこれを達成したドライバーは、グラハム・ヒルひとりしかいない。

 '07年にF1のモナコGPを制し、今年ル・マン24時間レースにも勝ったアロンソが、F1を捨ててでもインディへ行くのは当然の帰結だった。

 事実上のF1離脱ではあるが、正式なF1引退ではないため、アブダビGPでは正式な引退会見も、セレモニーも行われることはなかった。それでも、多くの人々は「これがアロンソの最後のF1」という思いで、今シーズン最終戦を見守っていた。その思いは、ハミルトンとベッテルも同じだった。

 ハミルトンにとってアロンソは、'07年にマクラーレンからF1にデビューしたときのチームメートであり、最大のライバルだった。この年、両者は王座を巡って骨肉のチーム内バトルを演じた。

 修復不可能になるまで悪化した2人の関係により、マクラーレンはこの年、タイトルを逃し、最終的にアロンソがチームを離脱するという最悪の結末を迎えた。しかし、ハミルトンはいまでもアロンソへの尊敬の念は変わらないと語る。

 「僕たちが過去に争ったことは事実だ。しかし、それはコース上でのこと。人間として、僕はフェルナンドをデビューしてきたときから尊敬しているし、それはいまも変わらない」

1/2ページ

最終更新:12/2(日) 9:01
Number Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sports Graphic Number

文藝春秋

967号
12月6日発売

定価590円(税込)

日本代表 僕らの時代。

【三銃士の肖像】 南野拓実/堂安律/中島翔哉
【炎の守護神 引退】 川口能活 1994-2018

あなたにおすすめの記事