ここから本文です

1980~1995年に活躍したスーパーモデル10人

2018/12/3(月) 12:04配信

コスモポリタン

ファッション誌の表紙だけでなく、魅力的な商品をアピールする広告や、時代に変革をもたらすキャンペーン等々、活躍はランウェイだけに収まらなかったスーパーモデルたち。今回は、1980年から1995年までに活躍したスーパーモデルたちをご紹介。

【写真15枚】1996年~2010年に時代を彩ったスーパーモデルたち

1980年:ブルック・シールズ

1980年に最年少モデルとして『ヴォーグ』誌の表紙を飾ったのがブルックでした。御年、たったの14歳! この年ブルックは、カルヴァン・クラインの広告にも起用され、雑誌広告やCMを通し多くの人々の注目を集めました。

1982年:ルネ・シモンセン

デンマーク人のスーパーモデル、ルネの経歴はちょっとしたシンデレラ・ストーリー。スーパーマーケットのレジ係として働いていた彼女は、ファッションエディターのビルテ・ストランドガードに見出されます。1982年、フォード・スーパーモデル・コンテストのデンマーク代表に選ばれ、その後本選でも優勝。これをきっかけに、クラランスやメイベリン、カバーマークなど大手化粧品メーカーとの契約を射止めることになりました。

1985年:ジャニス・ディキンソン

ジャニスは1980年代後半、『ヴォーグ』誌の表紙を37回も飾ります。ビル・ブラス、ジャンニ・ヴェルサーチ、オスカー・デ・ラ・レンタ、カルヴァン・クラインといった有名ファッションデザイナーと契約していた彼女のことを、覚えている人は多いはず!

1987年:カレン・アレクサンダー

いくつものモデルエージェンシーから断られ続けたカレンでしたが、なんとかレジェンズ・エージェンシーとの契約にこぎつけ、モデルとしてのキャリアをスタート。モデルとしての絶頂期を迎える1980年代終わりまで、カバーガールやティファニー、シャネルなど人気ブランドの広告で活躍しました。

1988年:ポーリーナ・ポリスコワ

チェコスロバキア出身のポーリーナは、幼いころに冷戦下の祖国を逃れてスウェーデンへ亡命。そこで彼女の人生を変えるエリート・モデル・マネジメントのスカウトマンと出会います。15歳のとき、彼女はバッグに荷物を詰めてパリへ。そして瞬く間に『スポーツ・イラストレイテッド』誌、『グラマー』誌、『コスモポリタン』誌、『ハーパーズ バザー』誌と、次々に有名雑誌の表紙を飾ったのでした。1988年、ポーリーナは600万ドル(約6億7500万円)でエスティー ローダーと契約。当時、モデルとしては最高額の契約だったとか。

1/2ページ

最終更新:2018/12/3(月) 12:04
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ