ここから本文です

2018年12月1日 咳カルマ<次元上昇日記>

12/3(月) 10:41配信

幻冬舎plus

辛酸 なめ子

 なぜかタイミング悪く通りすがりの人に瞬間的に咳やくしゃみをかけられることが続き、また風邪を発症。

 急いで、イベントの時にいただいたはちみつスプレーを喉に噴霧し、マヌカハニーを摂取し、ハーブティやのど飴で対処しようとしたのですが……。やはり喉の痛みが発生してからでは、もう受け止めるしかないようです。でもスプレーやマヌカハニーでおかげさまで咳喘息がちょっと楽になりました。2018年は半分くらい咳にまみれた年だったかもしれません。咳はスピリチュアル的に言いたいことを言えないとかそういう意味もあるそうですが……。たしかに最近仕事でも理不尽な状態になって何も言えないことがありました。ストレスは即咳に影響します。大塚愛さんも咳の症状に悩んでいると書かれていました。お大事にしてください。美智子妃殿下や眞子様も咳にお悩みだそうです。同じ症状で光栄な気もしますが、ご回復を祈念いたします。

 女性誌の美容コーナーを読んでいたら有名なヘアメイクアーティストさんが、電子タバコでCBDオイルを吸引するとリラックスできて良いと薦めていました。たしか大麻の合法的な成分(茎から抽出)です。気になって調べたら、咳にも効くと出ていました。さすが医療大麻!  藁にもすがる思いでCBDに手を出そうか悩んでいます。やはり気化して吸引するのが良いのでしょうか。舌下に垂らすのもききそうです。そして私も某女優のようにツイッターに大麻のことしか書かなくなったらすみません。依存性はないとはいえ、スピリチュアル的に副作用があるかもしれないので慎重に調べたいです。ドラッグはチャクラがボロボロになると聞いたので……。

 先日、子供地球基金の三十周年の展示が国立新美術館で始まりました。鳥居晴美さんが立ち上げられ世界各国で子どもたちと絵のワークショップや展示を開催しています。3000回も展示をしているそうです。素晴らしい活動です。初日のレセプションにはスポンサーの各社の社長さん方がいらしていて、このような活動を支援する社長さんは皆さん人徳がありそうな雰囲気でした。ゴーン氏とは正反対のキャラのような……。

  この活動で鳥居さんはノーベル平和賞の数十人の候補者の一人だったそうです。いつか受賞されるまで応援いたします。そして前もって記念写真とかも一緒に撮影しておきたいです。

 ☆☆☆お知らせ失礼いたします☆☆☆
12/8に、あまから秘宝館イベントに出させていただきます
何卒よろしくお願いいたします
タイトルがすみません。。。

 辛酸なめ子 と変な人たち展
日時:2018.12.8(土)9(日)
会場:oSpace表参道
※入場無料


■辛酸 なめ子
東京都生まれ、埼玉育ち。漫画家、コラムニスト。巫女的な感性であらゆる事象を取材しまくる驚異のフィールドワーカーとして知られる。著書は『辛酸なめ子の現代社会学』『次元上昇日記』(幻冬舎)、『女子校育ち』(筑摩書房)、『辛酸なめ子のつぶやきデトックス』(宝島社)、『アイドル処世術』(コア新書)、『絶対霊度』(学研)など多数。

最終更新:12/3(月) 10:41
幻冬舎plus

あなたにおすすめの記事