ここから本文です

ガソリンスタンドvsコンビニ 勃発する社会インフラ“覇権争い“

12/3(月) 10:00配信 有料

週刊ダイヤモンド

ガソリンスタンドvsコンビニ 勃発する社会インフラ“覇権争い“

水素や電気など、自動車の燃料多様化に対応するだけでは、スタンドも元売りも、生き残ることは難しい。左は「エネオス」の水素ステーション

石油業界の課題は、ガソリン需要の激減だけではない。Mobility as a Service(モビリティ・アズ・ア・サービス)という既存の事業環境を破壊する大変革にも直面している。 未曽有の危機にひんしているガソリンスタンドと元売り業界。温度差はあるものの、両業界では生き残りを懸けて戦略を練り始めている。

 元売り各社に共通する大方針がある。それが「総合エネルギー企業への転換」だ。 本文:1,590文字 写真:2枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

--週刊ダイヤモンド編集部--