ここから本文です

【奈良クラブ特集 #2】なぜ、23歳のGMを選んだのか?「学びの型」と「一歩踏み出す勇気」【中川政七(奈良クラブ社長)インタビュー 後編】

2018/12/4(火) 12:45配信

footballista

新生・奈良クラブが掲げたビジョンは『サッカーを変える、人を変える、奈良を変える』。そのために必要なのが学都・奈良らしく学びの型を作ることだという。そこで最先端のサッカー理論を体系化して構築できる現場のプロジェクト責任者=GMとして指名したのは、フットボリスタでもお馴染みの新進気鋭の新世代コーチ、弱冠23歳の林舞輝だった。

インタビュー・文 浅野賀一
写真 鳥飼祥恵
編集協力 堀本麦(フットボリスタ・ラボ)

■求めたのは専門家以外にも通じる「翻訳者」

―― その林舞輝さん、23歳のGMは前例がないと思います。なぜ彼を選んだのかあらためて理由を教えてください。

「まず僕は10何年商売をやってくる中で、前例とか慣例とかにとらわれずにやってきました。なぜそれが慣例になっているか一回考えて、そこに理由がないと、それに従わないことがたびたびあって。それが怒られたりもしますけど、結果がついてくれば誰も文句は言わなくなります。そこは思考停止するのではなくてちゃんと立ち止まって考えるべきなんです。もう1つは直感ですね。直接会わなくても、文章とか、もっと言うと写真でもなんとなく感じられるものがあるじゃないですか。それは僕の好みなので絶対的な評価とはまったく関係ないのですが、林くんは文章を2回読んで『あ、この子だ』と思ったんです」


―― Google翻訳のアルゴリズムがルールベース翻訳からニューラルネットワークに変わった話とサッカーの育成を結び付けたり、すごい発想だなと私も感心させられました。

「結局、専門的なことを専門家同士で通じるっていうのは、まだ一個足りなくて。問われているのは、専門的な話を素人でもわかるように持ってくるコミュニケーションの力なんですね。例えば、日本酒の酒蔵の人たち同士がしゃべっていても全然面白くないんですけど、中田英寿さんがそこに入って、ちゃんと彼らの話を通訳してくれると面白くなるんですよ。ああいう役割ですね。ああいう翻訳者みたいな人はどの世界でも必要で、工芸の世界でも職人が言っているよくわからない話を僕がちゃんと翻訳して、商品のデザインとして伝えていく。そういうコミュニケーションを僕はずっとやってきたので。そこでやるべきことはわかっています。で、それが業界だけじゃなくて一般の人にまで届くと、一般の人のリテラシーが上がるというか、解像度が上がるんです。そうするとその商品を好きになってくれるんですよ。いつも言うんですけど、野球でピッチャーがボールを投げているのを何の予備知識もなく見ているだけだと、何がすごいのかって絶対わかんないですよね。なんかピッて投げてるだけですもん。知識がないと、そこらへんのおっさんが上がってもピッて投げてるのは一緒なんです。そこにスピードがあって、球種があって、回転数があって、コースがあって、みたいなことがわかって『ダルビッシュすげー』ってなるわけじゃないですか。そこは解像度がないと、見ているだけでは絶対にわからない。誰かが解説してあげないと」


―― 野球に比べるとサッカーはそこが劣っていますよね。

「それは、解説が悪いんですよ。解説が面白いと、みんな面白さがわかりますよ。うちの社員は女の子ばっかりで、みんなサッカーに興味ないんです。でも、なんかある場面を一緒に見ていて解説してあげると、『そんなことになってるんですか、サッカーは』みたいな時があった。それで一気に興味を持ってくれたりするんですよ。『スペースをいかに作るかなんだ』というような話をするだけで、興味がなくてもわかるんですよ、言葉として現象が理解できるようになる。だからそういうことが当たり前に広がっていくと、サッカーは面白くなるし、興味を持つ人が増えるし、好きになってくれるわけですよ。だから本当の意味で奈良クラブというサッカーチームを好きになってもらうには、単純に強いとか、イケメン選手がいるとか、そういうわけじゃなくて、サッカーというものの解像度を上げていく努力、お客さんのリテラシーを上げることがすごく大切だと考えています」


―― 日本のスポーツ界は年功序列社会じゃないですか。実際23歳でGMの仕事に就いた時に周りが言うことを聞いてくれるかとか、もっと言えば選手がどう見るかみたいなところって本当に読めないところだと思いますが。

「それは理解しています。そもそも23歳なので、社会人経験がないので(笑)。その辺はちゃんと正しく守ってあげなきゃいけないし、導いてあげないといけない。だから監督人事は最大限配慮したし、あと選手にもクラブの社長として、話はしようと思っています。大体、サッカーチームは負けが込むと不穏な空気になって、監督が解任されたりしますよね」


―― そういう時に、こういう23歳のGMは格好のスケープゴートですね。

「だからそこははっきり最初に選手に言っとこうと思って。どんなに負けが込んでも監督、GMは代えないよと。勝てない時にも耐えないといけないし、そこからちゃんと戻すのが上に立つ者の仕事だと考えています。解任というガス抜き、問題のすり替えみたいなことは、中・長期で見た時に何も良くない」


―― どうしてもスポーツの論理で考えると、勝てなくなってくるとファン・マスコミ・選手含めた周りの圧力が強烈なので監督を代えてしまいがちですけど、ビジネス面で見たら百害あって一利なしですよね。実はみんなわかっているんだけど、それは海外でも一緒で。本当に難しいんですよね。

「常に僕が考えているのは、業界の当たり前は、それこそブランディングとかの視点で言うと、そこに乗らないことなんですよ。みんなが言うことが正しいってことはほぼない。だからみんなと違うってことはむしろ安心材料だと思ってるんで。そういう批判は10何年工芸の仕事をやってきて、もう慣れっこだし、そこの強さはあるので。何を言われてもどうってことはないし、長期的なスパンで見たら、絶対に結果を残せる自信があるので」


―― 林さんの役割は育成も見たりとか?

「全部です。GMにしたのは、要はサッカーに関するものは、すべて考えろってことですよ。すべて責任範囲。もっと言うと、奈良クラブという会社全体にも責任を負えということで、取締役になってもらいます。モノづくりの会社で言うと、商品本部長が取締役になるべきなんですよ。そこは一体なので、当たり前の話です」

1/3ページ

最終更新:2018/12/4(火) 12:45
footballista

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊フットボリスタ

株式会社ソル・メディア

Issue 067
3月12日(火)発売

特別定価1000円(税込)

[特集]
ケガとともに生きる

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事