ここから本文です

「中国と中東には行かない」バイエルン退団を決めたロッベンが断言。ではJリーグ参戦の可能性は…

12/4(火) 5:08配信

SOCCER DIGEST Web

「妻と子どもたちも楽しめる生活じゃなくちゃいけない」

 ついに名手が、慣れ親しんだ赤いキットに別れを告げる。

 日曜日、元オランダ代表のMFアリエン・ロッベンが声明を出し、今シーズンいっぱいでバイエルン・ミュンヘンを退団すると発表した。34歳のウインガーとドイツ王者の現行契約は2019年6月末まで。延長交渉は行なわれず、そのままフリートランスファーとなるようだ。

【画像】「美人すぎる」「セクシーすぎる」ワールドクラスの妻&恋人たち

 2009年夏に鳴り物りでバイエルンに入団。この9年間で掴んだタイトルは合計13個で、ブンデスリーガが7度、DFBポカール(ドイツカップ)が4度、そしてチャンピオンズ・リーグとクラブワールドカップがそれぞれ一度ずつと輝かしい。今シーズンはここまで膝の怪我などでベンチ外となるケースがあるものの、公式戦14試合に出場して5得点・2アシストとしっかり存在を示している。

 来夏以降の身の振り方はまったくの未定としており、現役続行か引退かも明確にはされていない。そこで、母国オランダのスポーツラジオ局『NOS Langs de Lijn』がロッベン本人を直撃し、その胸中に迫った。

 なにを置いても、バイエルンを離れるという決断そのものが痛みを伴ったという。

「本当に難しい選択だったよ。僕のキャリアのなかで一番だったといっても過言ではない。いろんな出来事が走馬灯のように蘇ってね。でももう決めたことさ。残る時間を大切に過ごしたいと思う。先のことかい? 正直に言うよ。プレーを続けるか、引退するか、あらゆるオプションがある。それが事実なんだ」

 現役を続ける条件として挙げたのは、“家族の同意”だ。「もし現役を続けるなら100パーセントの確信がなければやらない。ベストを尽くせるか、楽しくやれるかも大事だ」と話したうえで、「それは家族も同じ。妻と子どもたちも楽しめる生活じゃなくちゃいけない。家族はいつもひとつだからね」と説明した。

 これはドイツやオランダをはじめとした西欧諸国ではなく、アメリカやアジアという地での新たな生活を意味しているのか。インタビュアーが兼ねてから噂されている中国スーパーリーグからの誘いについて問うと、ロッベンはあっさりとこれを否定した。

「まだなにも決めてはいないけれども、中国あるいは中東のクラブでプレーするというオプションは存在しない。とにかくいまはオープンに物事を考えているよ。いくつかのオファーがあるのは確かだ。よく吟味して、ゆっくり決めたい。といってもあまり時間はないんだけどね」

1/2ページ

最終更新:12/4(火) 7:58
SOCCER DIGEST Web

あなたにおすすめの記事