ここから本文です

羽生結弦、「2018年最も使われたハッシュタグ」で3位! 個人名で唯一のトップ10入り

12/5(水) 16:52配信

THE ANSWER

ツイッタージャパンが2018年のデータを公開、スポーツ部門

 ツイッタージャパンが2018年を振り返り、「最も使われたハッシュタグ」などのデータを公開。スポーツ部門ではフィギュアスケートの羽生結弦(ANA)が3位で、個人名では唯一のトップ10入りを果たした。

【一覧】「#羽生結弦」が3位! 1位は「#sbhawks」…スポーツ部門のトップ10は?

 やはりスーパースター羽生は偉大だった。国内のツイートに使われたハッシュタグの中で「#羽生結弦」が3位にランクイン。スポーツ関連で個人名では唯一の10傑入りだ。

 2018年を沸かせたアスリートは数多いが、その中でもSNS上での人気は群を抜いていたようだ。また、世界全体で最もツイートが盛り上がった日は平昌五輪の閉会式が行われた2月25日だったという。

【ハッシュタグ(#)とは】
SNSの投稿に対するタグとして利用され、#の後に特定のキーワードを付与することで投稿がタグ化。タグ化されることにより同じキーワードでの投稿を瞬時に検索することができたり、趣味・関心の似たユーザー同士で話題を共有することが可能になる。

THE ANSWER編集部

最終更新:12/12(水) 11:58
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

あなたにおすすめの記事