ここから本文です

弁護士、特許事務所、企業内法務部の立場から解説 ファッションローに関する連続講座を開催

12/6(木) 10:00配信

WWD JAPAN.com

ファッションに関する講座を企画するファッション スタディーズ(FASHIONSTUDIES)が、ファッション産業に関連するあらゆる法律の総称“ファッションロー”に関する連続セミナー「Fashion Biz Study ファッションローの実務」を開催する。5~9月に5回にわたって開催した基礎編の続編となる。

弁護士、特許事務所、企業内法務部の立場から解説 ファッションローに関する連続講座を開催

今回は全3回の連続講座で、12月12日に開催する第1回は、小川徹マークスタイラー(MARK STYLER)管理本部法務部法務課課長を講師に迎え、「ファッション・アパレル企業における法務部」というテーマで法務部の立場からファッション業界が抱える課題について講演する。

2019年1月16日開催の第2回は講師の安田和史スズキアンドアソシエイツ取締役が「ファッション・アパレル事業と権利化実務」というテーマで、複雑かつ法律上の知識が必要となる商標権や意匠権取得の手続きについて、特許事務所とどのようなやり取りをするのかを実務面から解説する。第1、第2共にモデレーターとしてTMI総合法律事務所の関真也・弁護士が登壇する。

最終回となる第3回は2月20日に開催し、関弁護士が「ファッションを巡る契約と紛争」をテーマに、前2回の内容を踏まえ、企業内法務部や弁理士との関わり方を交えつつ、弁護士の視点から解説する。

■Fashion Biz Study ファッションローの実務
テーマ:「ファッション・アパレル企業における法務部」(第1回) / 「ファッション・アパレル事業と権利化実務」(第2回) / 「ファッションを巡る契約と紛争」(第3回)
日程:12月12日(第1回) / 1月16日(第2回)/2月20日(第3回)
時間:19:30~21:00(各回共通)
場所:スパイラルルーム(各回共通)
住所:東京都港区南青山5-6-23 スパイラル9階
受講料:一般前売り4000円(当日4500円) / 日本知財学会員前売り3000円(当日 3500円) / 学生前売3000円(当日3500円) / 2回連続券(一般)7500円 / 2回連続券(日本知財学会員・学生)5500円 / 3回通し券(一般)1万1000円 / 3回通し券(日本知財学会員・学生)8000円

最終更新:12/6(木) 11:02
WWD JAPAN.com

記事提供社からのご案内(外部サイト)

WWD ジャパン

INFASパブリケーションズ

2061号
2018年12月17日発売

定価500円(税込み)

この春は何を売る?有力35業態の展示会から見えたトレンドを紹介

あなたにおすすめの記事