ここから本文です

卒業アイドル130人調査 芸能活動を続けるのは半数

12/7(金) 7:47配信

NIKKEI STYLE

キャリアのあるメンバーの卒業やグループの解散が目立つ女性アイドルシーン。グループを離れた後の活動を調べると、芸能活動を続けるのは半数。すぐにSNSを立ち上げ、自前のメディアとしてネットを使いこなす卒業生が目立っている。


2018年9月15日までに卒業、または卒業を発表した130名について進路を示したのが図。卒業後の活動実績や本人が語った意向によって分類した。

大きく分けると、希望も含めて「芸能活動」を継続するのが52.3%(68人)。学業などの「非芸能」が39.2%(51人)、卒業前でかつ態度を明らかにしていないのが8.5%(11人)となった。

芸能活動では、「音楽」が14.6%(19人)と最多。元乃木坂46の川村真洋、元GEMの武田舞彩らがすでにソロライブを開催、卒業を控えるNMB48の山本彩なども音楽活動を明言している。

「他のグループ」で音楽に関わるケースも10.0%(13人)いる。元GEMの金澤有希は、アイドル活動の継続を目指して、同じエイベックス所属のSUPER☆GiRLSオーディションに挑戦中。一方、元アイドルネッサンスの石野理子は5月にガールズバンド・赤い公園の新ボーカルとして加入し、新たなジャンルに挑んでいる。

王道のイメージがある「タレント」13.8%(18人)、「女優」10.0%(13人)も多い。乃木坂46を卒業した生駒里奈は、バラエティ番組出演などを重ねる一方、7月の『魔法先生ネギま!~お子ちゃま先生は修行中!~』、11月の『暁のヨナ~ 緋色の宿命編~』と主演舞台が続く。元NGT48の北原里英は、卒業直前の映画『サニー/32』に続き、主演作『映画 としまえん』が19年公開される。

一方、非芸能では「学業・勉強」が14.6%(19人)。ほとんどが10代のメンバーで「学業との両立が難しい」「将来を考えて進学する」などを理由としている。この他、エンタ界の裏方など「別の仕事」が5.4%(7人)、一旦活動を辞めて将来の復帰を目指す「芸能準備」も2.3%(3人)いた。なお、16.9%(22人)と最も多い「不明」は、「違う道へ進むため」といった卒業理由で、進路を明確にはしていないケースとなる。

1/2ページ

最終更新:12/7(金) 15:16
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ