ここから本文です

ソフトバンク・D.サファテ “キング”復活でグリーンジャケットを/記録への挑戦

12/7(金) 12:01配信

週刊ベースボールONLINE

 来季は仕切り直しの“名球会シーズン”を迎える。絶対的守護神のD.サファテはアメリカでリハビリ中。今季は名球会入り条件の通算250セーブまで残り21として突入し、達成は間違いなしと思われたが、右股関節の故障で開幕直後に離脱した。母国で手術を受け、残りのシーズンを棒に振ったが、「ぜひグリーンジャケットがほしいね」と完全復活を目指している。

 ただし、必ずしもクローザーの定位置が約束されているわけではない。自身が空けた9回の穴を公私ともにかわいがってきた森唯斗が見事に埋め、2015年から3年間守ってきた最多セーブのタイトルも譲る形に。森からは「抑えをやらせてもらい、とても楽しかったので、来年も9回に投げるつもりです」と宣戦布告を受けた。

 これに対し、サファテもアメリカから応戦。「来年は初回からブルペンに入ることになるぞ」とジョークを交えて森を挑発した。順調な回復ぶりで守護神復活への手応えをつかんでいるようだ。急成長した加治屋蓮、嘉弥真新也に加えて、右ヒジの不調で同じく離脱した岩嵜翔らも戻ってくれば、ブルペン陣はさらに盤石なものになる。

 激しいチーム内の競争を勝ち抜き、定位置に戻った先には、あと16セーブで外国人選手では2013年のラミレス(現DeNA監督)以来、投手陣では初となる偉業が見える。「200セーブにいくまでは存在も知らなかったけど、メンバーを見れば光栄なことだ」。歴史に名前を残す新たなシーズンが待ち遠しい。

写真=湯浅芳昭

週刊ベースボール

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

あなたにおすすめの記事