ここから本文です

クアルコムの新しいチップが「5G」の時代を切り拓く

12/7(金) 12:13配信

WIRED.jp

クアルコムが発表した最新のモバイルチップ「Snapdragon 855」は、処理能力が向上しただけではない。第5世代移動通信システム(5G)に対応している。各国の政府や通信会社が競って導入準備を進める次世代通信規格が、現実のものとなろうとしているのだ。

クアルコムは「未来の生活」を先取りできるか

5Gの通信速度は10ギガビット毎秒を超えるとされ、消費者は2019年上半期にも登場するという5G対応端末を心待ちにしている。855は昨年に市場投入された「Snapdragon 845」の後継で、人工知能(AI)向けのニューラルエンジンも進化した。さらに、ゲーム分野でも新しい機能が追加されている。

Android対応のハイエンド機種の多くが、Snapdragonシリーズを採用する。サムスンの「Galaxy」も例外ではなく、来年2月の発表を控える最新機種は、この新しいSoC(System-on-a-chip、1つの半導体にシステムを動かすために必要な機能を多く載せたチップ)を搭載することになるはずだ。つまり、このフラッグシップモデルを買えば、いよいよ5Gの通信速度が体感できることになる。

ありとあらゆる産業に影響

ハワイのマウイ島で開かれた3日間にわたる「Snapdragon Tech Summit」では、クアルコム社長のクリスティアーノ・アモンが、5Gによって「ワイヤレス通信の新しい時代が幕を開ける」と宣言した。近い将来に人類が経験する転機で「特に重要なものになる」というのだ。

4Gの運用開始は通信会社や通信機器メーカー、テック企業に大きな影響を及ぼした。5Gの場合、対象はありとあらゆる産業に広がる。アモンは「基本的には、どの企業もこの新しい技術が自分たちのビジネスを変化させることを理解しています」と話す。

7nmプロセスを採用したSnapdragon 855は、5G向けモデム「X50」とLTE向けモデム「X24」を内蔵し、デヴァイスメーカーは必要に応じて4Gと5Gの切り替えができるようになっている。また、ミリ波帯のアンテナモジュールも採用し、サブ6GHz(Sub-6)とミリ波の両方をサポートする。

1/3ページ

最終更新:12/7(金) 12:13
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.31』

コンデナスト・ジャパン

2018年11月13日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.31|リブート号はUS版創刊25周年を記念した特大号!特集「ニューエコノミー」ぼくらは地球をこうアップデートする

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ