ここから本文です

キャサリン妃に学ぶ、大人かわいいクリスマスコーデ8

12/7(金) 23:01配信

コスモポリタン

街の至るところにイルミネーションが灯り、世間はすっかりクリスマスムード。恋人とのデートや友人たちとのパーティーなど、聖なる夜にどんなファッションで出かけるべきか迷っている人も多いのでは?

【写真】マネしたい!キャサリン妃の「大人カジュアル」29選

そんな時にお手本にしたいのが、イギリス王室のキャサリン妃。フェミニンで上品な彼女のファッションは、カジュアルなパーティーからフォーマルなディナーまで、幅広いシーンでヒントを得るのにぴったり。

そこで今回は、過去にキャサリン妃が披露した、クリスマスシーズンのコーディネートを集めてみました。

2018年12月

今月4日にはウィリアム王子とキャサリン妃が、キプロスに駐留しているイギリス軍兵士の家族を招いたクリスマスパーティーを主催。エミリア・ウィックステッドの赤いタータンチェックのスカートを主役にしたコーデは、カジュアルにかわいく決めたい時におすすめ。背景に降る雪との相性もバッチリです。

2017年12月

この年のクリスマスのミサには、シーンにぴったりな赤と緑のタータンチェックのコートで出席。コート自体が派手なので、それ以外のアイテムはすべて黒で統一するのがコツ。何かもう1つアクセントが欲しいときは、もこもこのファーハットを合わせてみて。

2017年12月

ロンドンの慈善団体が主催したクリスマスパーティーには、上品なパープルのツイードコートで登場。ダークトーンの服でもラメ入りのものを選べば、キラキラ光ってパーティー感が一気に高まります。

2017年12月

マンチェスターで開催された「世界子どもサミット」では、真っ赤なミニ丈ワンピースを着用したキャサリン妃。「真っ赤な服を着るのはちょっと勇気がいる…」という人は、ふんわりしたシルエットのものを選べば、フェミニンで優しい印象に仕上がるはず。

2016年12月

ロイヤルメンバーが立ち上げた、メンタルヘルスの重要性を広めるキャンペーン「ヘッズ・トゥギャザー」のパーティに、クリスマスカラーの赤とグリーンを使った小花柄ワンピースで登場。

そのまま着てもカジュアルでかわいいけれど、黒のベルトとクラッチバッグで引き締めれば、ぐっとフォーマル感がアップします。

1/2ページ

最終更新:12/7(金) 23:01
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ