ここから本文です

日本人が間違える英語 「now」を付けたら相手が激怒!? 「どこに行くの」は要注意

12/7(金) 7:10配信

NIKKEI STYLE

言葉の使い方を間違えて相手に誤解されてしまった。そんな体験はどなたにもあると思います。日本人向けの英語教育で豊富な経験を持つデイビッド・セインさんが、日本人が間違えやすい英語の使い方を解説します。今回は、nowの使い方によって意味が変わってしまう例をご紹介します。
※バックナンバーは記事下の【関連記事】からお読みいただけます

◇  ◇  ◇

勉強するときはいつも完全を目指す。しかし会話をするときは通じることを目指す。これが英会話には必要なポイントです。相手を前にして英語を話すときは、完璧な英語でなくても構いません。間違いがあってもいいのです。フレンドリーに笑顔で話せば、不完全さは補われます。間違いを恐れず英語を話しましょう。そして勉強するときは完全を目指しましょう。

いつも通りのオフィスでの一コマです。ナンシーが席を立ちどこかへ行こうとしていたので、なんの気なしに「どこに行くの?」と聞いたヒロシ。外出でもするのかな? と特別な意味もなく聞いただけだったのに、ナンシーは「トイレよ!」となぜか不愉快な様子。別にトイレでもどこでも構わないのですが、一体何がいけなかったのでしょうか?

会話を振り返ってみましょう。

Hiroshi: Where are you going now?
Nancy: I'm just going to the restroom!
Hiroshi: I know, but…
Nancy: What?! You're not my boss!
Hiroshi: Ah… ah... ah...

実は、ヒロシはこう言っていたことになるのです。

ヒロシ:また今度はどこにいくの?
ナンシー:ただトイレに行くだけだけど!
ヒロシ:わかってるけど……。
ナンシー:なんで? あなた私の上司じゃないでしょう?
ヒロシ:いやぁ、えーと……。

Where are you going now?は「またどっかに行くの?」と、相手がどこかへ行こうとしていることに対して、とがめるようなニュアンスが含まれ「何度も席を外して」とイライラしているように聞こえるのです。問題なのは、nowをつけてしまったこと。nowには「今度は」という意味があるので、これまで何度か席を外していて、「で、次はどこに行くの?」というニュアンスになるのです。他の例としても、What time is it now?もネイティブは、何度か時間を尋ねていて「で、今は何時?」と聞いているような印象を受けるのです。

なので、ナンシーはヒロシがまるで上司のように自分の行動を監視しているように感じて、不快になってしまったのでしょう。

ではどう言えばよかったのでしょう?

Hiroshi: Where are you going?
Nancy: Just to the restroom. I'll be right back.
Hiroshi: Okay. I'll keep working on this report.
Nancy: Thanks.

ヒロシ:どこ行くの?
ナンシー:トイレよ。すぐ戻るわ。
ヒロシ:了解。引き続きこのレポート進めておくよ。
ナンシー:ありがとう。

単にnowをとるだけでOKです。Where are you going?と言えば、特に他意もなく「どこいくの?」と聞いているニュアンスです。ただ、ちょっとくだけた言い方になるので、あまり親しくない人や目上の人にはAre you going somewhere?の方が「どちらへ行かれるんですか?」とソフトで丁寧な聞き方になるのでおすすめです。

1/2ページ

最終更新:12/7(金) 7:10
NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。

あなたにおすすめの記事