ここから本文です

元JリーグMVPエメルソンが引退。問題児の半生は波乱万丈すぎる

12/7(金) 8:40配信

webスポルティーバ

「記録より記憶に残る選手」という言い回しがある。このフレーズがこれほどふさわしい男はなかなかいないだろう。

【写真】ありがとう、川口能活。43歳のGKはクラマーの名言を体現した

 小柄だが、圧倒的なスピードと抜群の決定力を備え、とりわけ大舞台で勝負強さを発揮した。その反面、練習に遅刻するのは日常茶飯事で、監督、クラブ関係者、対戦相手、審判など、誰とでも争いを起こす名うての問題児。素行上の問題で、しばしばクラブを追われた。にもかかわらず、サポーターから愛され、チームメイトからも慕われ、この12月、40歳3カ月でスパイクを脱いだ。

 エメルソンは1978年9月6日、リオ郊外の貧しい家庭で「マルシオ・パッソス・デ・アウブケルキ」として生を受けた。幼い頃からボールを蹴るのが大好きで、勉強が大嫌い。サッカーのプロ選手になることしか考えていなかった。地元のアマチュアチームでプレーしながらプロクラブのテストを片っ端から受けたが、18歳になってもどこにも入れない。息子の将来を案じた母親が、「1981年12月6日生まれのマルシオ・エメルソン・パッソス」というニセの身分証明書を作って息子に渡した。年齢を3歳3カ月も偽ったのである。

 この新たな身分証明書は、効果を発揮した。名門サンパウロのスカウトの目に留まってU-20に入団。U-20ブラジル代表にも招集され、1998年に念願のプロ契約を結んでデビュー。翌年にはブラジル全国リーグで8試合に出場して2得点を記録し、「18歳の将来有望な若手」と評価された。

 しかし、ほどなくサンパウロの関係者はエメルソンが年齢を詐称していることを察知し、クラブがブラジルサッカー連盟から処罰を受ける前に外国のクラブへ売り払うことを決断した。

 こうして2000年、エメルソンはコンサドーレ札幌(当時J2)へ移籍。J2では規格外の存在で、34試合に出場して31得点と大暴れした。翌年、やはり当時J2の川崎フロンターレへ移籍すると、18試合で19得点を挙げた。2001年からは浦和レッズでプレーし、2003年にJリーグMVPに輝き、2004年には26試合で27得点をあげて得点王となった。ゴールを量産してチームに貢献する一方、日本でも練習への遅刻などの不品行でクラブ関係者を悩ませた。

 2005年8月にカタールのアル・サッドへ移籍し、ここでも期待に応えた。しかし、2006年、身分証明書とパスポートの偽造が発覚して逮捕される。高額の保釈金を支払い、社会福祉活動をすることで実刑を免れた。

 カタールサッカー協会からの要請で2008年初めにカタール国籍を取得し、3月に行なわれた2010年W杯アジア3次予選のイラク戦に出場する。しかし、かつてブラジルU-20代表の試合に出場したこととパスポートを偽造したことを理由に、以後、FIFAは彼がカタール代表でプレーすることを禁じた。

 2009年にブラジルへ帰国すると、子供の頃からの憧れのクラブだったフラメンゴへ入団。貴重なゴールを決めてサポーターから愛され、中東帰りであることから「シェイキ」(アラビア語で「首長」を意味する「シェイク」のポルトガル語読み)というニックネームを付けられた。以後、彼のフットボール・ネームは「エメルソン・シェイキ」となった。

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
10月31日(水)発売

定価 本体1,593円+税

フィギュア特集『羽生結弦 新世界を拓く』
■羽生結弦インタビュー
■トロント公開練習フォトギャラリー
■アイスショープレイバック

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ