ここから本文です

「ファイナルの時がきた!」 宇野、チェンら男子6人衆“肩組ショット”の反響拡大

12/7(金) 7:13配信

THE ANSWER

決戦目前を目前に控えた6人の肩組写真に五輪サイトも脚光

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルが6日(日本時間7日)、カナダ・バンクーバーで開幕。国際スケート連盟(ISU)は男子シングルの出場6選手の肩組み写真を公開し、決戦前の和気藹々とした姿が話題を呼んでいたが反響が拡大。IOC運営の五輪専門サイト「オリンピックチャンネル」も同様の6ショットを公開し、「GPファイナルの時が来た!」と注目している。

【画像】宇野は少し眠そう!? 一方のチェンは… 不意にシャッターを切られたのか、対照的な表情も面白い男子6人の“肩組ショット”の実際の写真

 反響が広がっているのは、決戦目前の6人の写真だ。左端には宇野昌磨(トヨタ自動車)。少し眠そうな表情はいつも通りか。そこから時計回りに地元カナダのキーガン・メッシング、セルゲイ・ヴォロノフ(ロシア)、17歳のチャ・ジュンファン(韓国)、キャップ姿のミハル・ブレジナ(チェコ)、そして宇野と並ぶV候補ネイサン・チェン(米国)が右端に陣取っている。

 それぞれ肩を組み、1枚の写真に納まっているが、シャッターを押されたタイミングが不意を突かれたものだったのか、表情がバラバラなのも面白いところだ。

 ISUのフィギュア版公式ツイッターが「1つ質問:誰がISUグランプリファイナルの次なる男子チャンピオンになるでしょう?」とつづり写真を公開すると、宇野とチェンを中心に、それぞれファンが予想する選手の名前が挙がっていたが、オリンピックチャンネルも同様の1枚を掲載し「グランプリファイナルの時が来た!」と脚光を浴びせている。

 ショートプログラムの演技が始まるまであと数時間。氷上ではどんな表情に変わるのかも、見どころの一つかもしれない。

THE ANSWER編集部

最終更新:12/7(金) 7:13
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

あなたにおすすめの記事