ここから本文です

ゴーン氏に我慢の限界、爆発寸前だった製造現場

12/7(金) 6:15配信

JBpress

 11月19日、販売台数で世界第2位の自動車企業グループ、日産自動車の総帥カルロスゴーン氏が逮捕された。直接の逮捕容疑は報酬額の虚偽記載であるが、不正取引・会社私物化の疑惑があるとされる。

【写真】今から9年前、2009年の東京モーターショーで、2人乗り電気自動車(EV)「ランドグライダー」を発表するカルロス・ゴーン社長(当時)

 一方で、実際にゴーン氏の行為が非合法であったかどうか、また、逮捕劇はゴーン氏に対する日産のクーデターだったのではないかという議論がある。

 1990年代末に瀕死に陥った日産の業績を、ゴーン氏がV字回復させた実績があるのも確かである。ゴーン氏を追い落とすためのクーデターだったとして、日産は恩知らずではないかとの声もある。

 しかし、現場、つまり日産の自動車作りに関わっている末端の声は違う。

 朝日新聞で報道された日産幹部の言葉「我慢の限界だった」に集約されているのが、実態だろう。

 これは、日産だけでなく、というよりも日産以上にこの20年間厳しいコスト削減に協力させられてきたサプライヤーの声でもある。

 自動車業界はもともとコスト削減の厳しい世界である。トヨタ自動車のムダ徹底排除を表す「乾いた雑巾をさらに絞る」という言葉は、自動車業界全体のコスト削減に当てはまる。

 先日、自動車部品メーカーに関係の深い人から「自動車部品に参入すると売り上げは増えるが利益率は減る」と聞いた。筆者も業界にいたのでよく分かる。

 ゴーン氏の手法の中核は徹底したコスト削減である。日産リバイバルプランの資料を見ると、当時の日産のコストの60%はサプライヤーからの調達費であった。

 そして、日産リバイバルプランでも、コスト削減の60%がサプライヤーからの調達で実現することになっていた。

 自動車業界の常としてコストに極めて厳しいのだが、ゴーン流の厳しさは別格だと聞かされたのは一度や二度ではない。

 筆者は10年以上前に某自動車メーカーで購買の仕事に携わっていた。部品メーカーにコスト削減をお願いする立場である。

 自動車をお客様に適正価格で届けるために、部品メーカーに協力を求めると言えば聞こえはいいが、価格引き下げを要求される側にすれば「悪魔」に見えるかもしれない。

 ある年、東京モーターショーの一角で、某日産系のサプライヤーのブースを見ていた。ついつい職業病で部品の裏側を見ていた。すると、同業他社による偵察と誤解された。

 誤解を解くべく名刺交換をしたところ、別室に連れて行かれた。

 多くの場合、こういう時に待っているのは、厳しいコスト削減要求に対する非難や抗議であり、決して心地よいものではない。

 筆者は拷問のような時間を過ごすことになるのかと思った。しかし、筆者のいた自動車メーカーに対する話は一切出なかった。

 このサプライヤーが不満に思っていたのは、ゴーン流だったのだ。

 ゴーン流に対する非難、抗議を小一時間聞くことになった。筆者のいたメーカーも相当だったはずだが、上には上がいたと知り、本気で驚いたものである。

 よくよく考えてみれば、それまでも日産系サプライヤーが筆者のいた自動車メーカーの仕事を非常に熱心にやりたがることは多く、よく売り込みを受けていた。

1/4ページ

最終更新:12/7(金) 16:00
JBpress

記事提供社からのご案内(外部サイト)

JBpress PremiumはJBp
ressが提供する有料会員サービスです。
新たな機能や特典を次々ご提供する“進化
するコンテンツ・サービス”を目指します。

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ