ここから本文です

仏代表ムバッペ、“アーセナル移籍間近”の過去激白 ベンゲル元監督に感謝「紳士的だった」

12/7(金) 8:30配信

Football ZONE web

PSG移籍前にアーセナルから勧誘を受けていたムバッペ、「結局、違う選択肢を選んだ」

 今年から新設された“若手版バロンドール”「コパ・トロフィー」を受賞したフランス代表FWキリアン・ムバッペは、現在所属するパリ・サンジェルマン(PSG)に加入する前、プレミアリーグのアーセナル移籍が間近まで迫っていたことを明かした。衛星放送「FOXスポーツ」が報じた。

【動画】ネイマール&ムバッペらが仲良し“フリースロー対決” 「バスケ姿が貴重」とファン注目

 2015年にモナコでプロキャリアをスタートさせたムバッペは、17年に買い取りオプション付きのレンタル移籍でPSGに加入。移籍初年度からリーグ戦で13ゴールを挙げると、フランス代表の一員として今夏のロシア・ワールドカップ優勝に大きく貢献。この2年で世界にその名を知らしめるほどの活躍を見せている。

 そんなムバッペは17年のPSG加入前、当時アーセナルの指揮官を務めていたアーセン・ベンゲル監督と接触していたことを明かした。

「僕がPSGとサインする少し前になるけど、僕たちは2017年に連絡を取っていた。結局、僕は違う選択肢を選んだけど、彼は僕に怒ったりしなかったよ。彼はこの件に関してすごく紳士的だったし、僕の幸運を祈ってくれたんだ」

 またムバッペは昨年までPSGを率い、今季からアーセナルで指揮をとるウナイ・エメリ監督についても語っている。

「僕がPSGというビッグクラブに適応するように、彼が手伝ってくれたことを忘れはしない。それは簡単ではなかったからね。彼は以前にタイトルを獲得しているし、再びチームを勝たせることを願っているよ。アーセナルと契約した時、僕は彼に祝福のメッセージを送ったんだ。今も遠くから見ているよ」

 アーセナルに関わる二人の指揮官について語ったムバッペ。今まで以上に活躍し、サッカー界をけん引する存在となりそうだ。

Football ZONE web編集部

最終更新:12/7(金) 8:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ