ここから本文です

神戸FWビジャへの“憧れ”をドルトムントFWが告白 「一番尊敬する選手だった」

12/7(金) 17:01配信

Football ZONE web

アルカセルがファンの質問に回答、同胞の37歳ストライカーに賛辞

 現在ドルトムントでブンデスリーガ8試合に出場し10ゴールと、輝きを放つスペイン代表FWパコ・アルカセルだが、そのストライカーとしての“お手本”はヴィッセル神戸に加入が決まった元スペイン代表FWダビド・ビジャだったという。ファンからの質問に答えるドルトムント公式YouTubeチャンネルの企画内で、本人が語っている。

【動画】華麗なダイレクトボレーに弾丸FKも… J1神戸加入の元スペイン代表FWビジャ、リーガ時代の“魔法”ゴール集

 ドルトムントの選手がファンからの9つの質問に応える「Von Borusse zu Borusse」というコーナーに出演したアルカセルは、「子どもの頃のアイドルは誰だった?」との質問に対し、「他のインタビューでも答えたことがあるけど、ダビド・ビジャがアイドルの一人だったよ」と明かした。

 アルカセルは「彼がまだバレンシアでプレーしていた頃、一緒に練習するチャンスがあったんだ。僕はまだユースチームにいたんだけど、彼は僕らが一番尊敬する選手だった。バレンシアで多くを成し遂げ、バルセロナでも、スペイン代表でも、アメリカでも活躍したからね」とコメント。MLS(メジャーリーグサッカー)のニューヨーク・シティFCでの4年間を経て、神戸加入が決まった37歳の大先輩に賛辞を送った。

 そのほか、「ペットは飼っている?」「ドルトムントのスペインでの評判は?」「アウクスブルク戦でハットトリックを決めた時の気分は?」などの質問に答えていったアルカセルは、「チーム内で一番仲の良い選手は?」というクエスチョンに対して、「ここには素晴らしい選手が大勢いるけど、言葉の関係と僕らの年齢が若いこともあって、アクラフとアクセルと過ごすことが多いね」と回答。レアル・マドリードから期限付き移籍中のDFアクラフ・ハキミと今季新加入のベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルと仲が良いことを明かしている。

Football ZONE web編集部

最終更新:12/7(金) 18:18
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

あなたにおすすめの記事