ここから本文です

「4年後の五輪女王でいいよね」!? 紀平梨花の衝撃は世界へ拡散、海外ファンも大興奮

2018/12/8(土) 8:13配信

THE ANSWER

紀平の衝撃的な演技に海外ファンも大興奮「これはとんでもないぞ」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルが6日(日本時間7日)、カナダ・バンクーバーで開幕。女子ショートプログラム(SP)では紀平梨花(関大KFSC)が82.51点の今季世界最高得点をマークし、アリーナ・ザギトワ(ロシア)らを抑え、堂々の首位に立った。16歳が与えた衝撃に対し、海外のファンは「もう2022年五輪女王でいいよね」「これはとんでもないぞ」と大興奮している。

【画像】中央の紀平は笑顔、3位のトゥクタミシェワも微笑…ザギトワは? SP後の上位3選手の実際の様子を米メディアが公開

「Rika Kihira」の衝撃は全世界を駆け抜けた。ドビュッシーの「Clair de Lune」のメロディーに乗せた16歳は冒頭で代名詞のトリプルアクセルを完璧に決めると、3回転フリップ―3回転トウループのコンビネーションも見事に着氷。最後の3回転ルッツを決めると、日の丸が揺れる中、バンクーバーのアリーナは万雷の拍手に包まれた。

 叩き出した得点は82.51点。ザギトワがGPシリーズ第5戦のロステレコム杯で記録した80.78点を上回る、衝撃の世界最高得点。特に技術点(TES)は驚異の47.36点だった。

 ザギトワに約4.5点差をつけ、16歳対決の前半戦を制した紀平に、世界のスケートファンはツイッター上で大興奮状態だった。

吹き荒れる賛辞「これはやばすぎるぞ」「疑いなく美しい」

「これはやばすぎるぞ、リカ・キヒラ。衝撃です。明らかにいい意味で」
「リカ・キヒラは2022年五輪チャンピオンということでいいよね」
「アリーナを今倒せるのは彼女だと本当に確信したんだ」
「なんて美しいスケートなの、リカ・キヒラ。あまりにも可愛らしい」
「フリーが間違いなく楽しみ。そして、もう1回、リカ・キヒラのファンタスティックなプログラムを見なければ…」
「ドビュッシーの調べに乗せたリカ・キヒラのトリプルアクセルは必見。何てSPなんだ」
「キヒラがフィギュアスケートの新時代の幕を開けた。芸術性や細部を犠牲にすることなしにトリプルアクセルを見せる。コンビネーションの着地も、スケートも疑いなく美しい」
「リカ・キヒラをどれだけ愛しているのか、表現できないよ」

 演技直後、海外で賛辞が吹き荒れた。世界のファンも初挑戦のGPファイナルの大舞台で魅せた16歳の圧巻の舞いにすっかり魅了されていた。

THE ANSWER編集部

最終更新:2018/12/8(土) 9:13
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事