ここから本文です

伊良部秀輝がメジャーから阪神へ(2002年12月10日)

2018/12/10(月) 7:05配信

週刊ベースボールONLINE

 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわってその日に何があったのか紹介していく。今回は2002年12月10日だ。

 レンジャーズを自由契約になっていた伊良部秀輝の阪神入団が決定し、この日、西宮市内のホテルで入団発表と記者会見が行われた。1997年、ロッテからメジャーへと旅立ち、7年ぶりの日本球界復帰。「子どものころは阪神の優勝をいつも夢見てました」と伊良部は幼いころからの阪神ファンであることを強調した。

 星野仙一監督は「先発で使うという考えもある」とスターター起用を示唆したが、これは伊良部本人の希望でもあった。1994年にはパ・リーグ最多の16完投をマークしたこともあり、先発には自信を持っている。懸念材料は33歳という年齢と肺血栓からどれだけ回復しているかだったが、「巨人と清原(清原和博)さんは意識せざるを得ません」と闘志は旺盛だった。

 伊良部は03年、27試合に先発して13勝をマーク。阪神の18年ぶりの優勝に貢献し、自らの夢を実現させた。

写真=BBM

週刊ベースボール

最終更新:2018/12/10(月) 7:05
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事