ここから本文です

【意外と知らないバイクのこと】倒立フォークって速くなるの?

2018/12/10(月) 6:51配信

@DIME

A:速く走れる可能性は高まります
フォークと言っても食事で使うアレではありません。バイクの前輪と車体をつなぐサスペンションを指します。バイクの場合、サスペンション形状が前後で大きく異なっており、前側は一般的に2本の金属棒で構成されていますので、これを英語で「フォーク(分岐、音叉などの意味)」と表し、フロントフォークと称されます。


さて、フロントフォークを観察すると、太い棒と細い棒、ふたつの部品で構成されていることが分かります。このうち太い棒の内部には、バネやら何やらいろんなパーツが含まれています。一方の細い棒は、太い棒に差し込まれており、路面のデコボコやバイクの動きに応じて上下します。

そして太い棒が下、細い棒が上に配置されているものを正立式フロントフォーク、その逆に、太い棒が上、細い棒が下に配置されているものを、倒立式フロントフォークと呼びます。もともとは太棒下・細棒上が一般的だったので、こちらが基準となって「正立式」とされています。でも最近は、太棒上・細棒下の倒立式が増えてきました。ちなみに太棒をアウターチューブ、細棒をインナーチューブといいます。

倒立式フロントフォークは、大昔にBMWが採用したこともありますが、本格的にはオフロードバイクに装着されたのが最初、とされています。当初の狙いは、ストローク(インナーチューブの上下作動幅)を増やすためでしたが、オンロードバイクに転用されるにあたって、フロントまわりの剛性アップというメリットが際立ちました。

徐々に質問の核心に近付いてきました。では、フロントまわりの剛性が高まると、速く走れるのでしょうか? 正解は、イエスと言えないこともない、という微妙なものです。

倒立式によってフロントまわりの剛性が高まると、ブレーキング時の安定感が増します。また、ブレーキをかけたままコーナーに進入しやすくなり、旋回力が上がります。それぞれ理屈を説明すると長くなるので、そういうものだとご理解ください。いずれにしても、ブレーキで突っ込める、旋回力が上がるとなれば、シンプルに速さを追求するなら間違いなく有用な装備であると言えます。

が、そういったストイックな走りができるのは基本的にはサーキットで、なおかつある程度のテクニックが必要となります。誰もがどこでも倒立式本来の性能を100%引き出せるのかというと、ちょっと違うかもしれません。

倒立式が増殖しつつある理由は、ズバリ、カッコいいから。
また、倒立式はいいこと尽くしなのかというと、あながちそうとも言い切れません。細棒(インナーチューブ)の動きやすさは、実は正立式の方が勝っているとも言われているのです。あくまでもイメージですが、ガッチリパキパキと作動する倒立式、しなやかに滑らかに作動する正立式、という感じです。ですので、ライダーの操作に対するリニアリティやフィーリングを重視する派の間では、今でも正立式が愛されていますし、純正採用されているバイクも多数あります。

倒立式が増殖しつつある理由は、ズバリ、カッコいいから。レーシングイメージで速そうに見える装備であることが大きく影響しています。特に速さやスポーティーなカッコよさに敏感なアジア諸国では、倒立式はセールス上の必須アイテム。従来は高価だとされていた倒立式ですが、数が増えることですっかりリーズナブルになり、小排気量車も含めて多くの車種に展開されるようになりました。

高性能であることは間違いない倒立式フロントフォークですが、正立式フロントフォークが劣っているというわけではありません。繊細で、なおかつフィーリングという数値化できないものが大きく影響するバイク界においては、新旧取り混ぜてさまざまな技術が現存するケースがよくあるのですが、フロントフォークはその好例です。

文/高橋 剛

@DIME

最終更新:2018/12/10(月) 6:51
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2019年5月号
3月15日発売

定価980円

新しい家電の教科書
男前スキンケア入門
楽チンなのにカッコいい!超進化系スーツ

@DIMEの前後の記事

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事