ここから本文です

宇野昌磨は奮闘を続ける。「羽生選手のようにならなきゃいけない」

2018/12/10(月) 7:50配信

webスポルティーバ

 バンクーバーで開催されたグランプリ(GP)ファイナル男子。ショートプログラム(SP)最終滑走の宇野昌磨は、首位発進のチャンスが見えていた。SP4番滑走のネイサン・チェン(アメリカ)は後半に入ってからの4回転トーループの着氷で手をついて3回転トーループをつけられず、92.99点にとどまっていたからだ。

NHK杯に続き、フランス大会でも優勝した紀平梨花

 しかし、宇野は最初の4回転フリップで手をつくミス。また、次の4回転トーループ+3回転トーループが4回転+2回転に。その後はミスなく滑り終えたが得点は91.67点。初優勝を狙うためには優位に立ってプレッシャーをかけておきたかったが、わずかに先手を取られる結果となった。

 その原因を宇野は「自信を持てていなかった」と説明した。

「フリップはもとから調子が悪かったけど、昨日と今朝の公式練習の曲かけでトーループを失敗したのが大きかったです。日本でほぼ失敗していなかったジャンプで失敗したので、トリプルアクセルを含めて安心できるジャンプがひとつもなかった。今日の試合で4回転トーループが決まったのはよかったけど、2回の曲かけで失敗したのが自信の喪失につながったのかなと思います」

 バンクーバー入りするまでは練習をしっかりやって調子を上げ、プログラムの完成度も上がってきている手ごたえがあった。だが、6分間練習でもトーループは最初がステップアウトで次が両足着氷。2回転トーループをつけた連続ジャンプは何とか決めたが、2回転トーループは無理をしてつけたために軸が斜めになっていた。

 これまで課題にしてきた回り過ぎは解消できていたが、「今日はトーループには自信がなさ過ぎたので、最初から4回転+2回転にするつもりだった」と言う。本番ではキレイに降りて3回転をつけてもよかった状態だったが、その思いが2回転にとどめさせた。

「粘り切った、耐えたという滑りでしたけど、今までの練習は充実していたし、いい練習ができていた。その練習を考えるととても残念な結果になりました」

 それでも、翌日のフリーではその気持ちを少し切り替えた。

「試合で4回転トーループを跳べたことが少し自信につながったのかなと思います。朝の公式練習もいつもどおりにできたけど、曲かけではトーループを失敗したくなかったから全部スルーしました。無駄に自信を無くすようなことはしないようにしようと思って。でも終わってみれば、もうちょっと自分に自信を持って演技ができたらなと思いました」

1/3ページ

最終更新:2018/12/10(月) 7:50
webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

スポルティーバ
10月31日(水)発売

定価 本体1,593円+税

フィギュア特集『羽生結弦 新世界を拓く』
■羽生結弦インタビュー
■トロント公開練習フォトギャラリー
■アイスショープレイバック

あなたにおすすめの記事