ここから本文です

滝沢秀明「同窓会気分で楽しみたい」引退直前に伝説の番組「8時だJ」一夜限りの復活!

2018/12/12(水) 5:00配信

ザテレビジョン

テレビ朝日系では、12月29日(土)に「テレビ朝日開局60周年記念 超豪華!!最初で最後の大同窓会!8時だJ」(夜8:54-10:30)を放送することが決定。滝沢秀明、嵐、関ジャニ∞、山下智久、生田斗真、風間俊介、長谷川純らが出演することが分かった。

【写真を見る】大同窓会に滝沢、嵐、関ジャニ∞、山下智久、生田斗真、風間俊介、長谷川純・・・大集合!

■ メンバーの絆は本物?

かつて毎週水曜夜に放送されていた「8時だJ」(1998年4月~1999年9月)は、当時まだジャニーズJr.として活動していた滝沢らが体を張ってさまざまな企画に全力で挑戦していた伝説のバラエティー。

番組終了から約20年という節目の今、ジャニーズJr.のリーダー的存在だった滝沢の引退を前に、出演メンバーが集結する。

「8時だJ」メンバーの絆が本物かを確かめるべく、滝沢率いる「8時だJチーム」と、ゲストによる「芸能人チーム」がクイズで対決。超貴重なアーカイブ映像を公開しながら、彼らがジャニーズJr.時代のことをどれだけ覚えているのかを検証していく。

「現在のキャラと真逆!? 超天然ポンコツキャラであらゆることに失敗していたのは誰?」「プロ意識ゼロ&素人感満載で、思わず下ネタを口にしちゃったメンバーが存在した!?」「収録中に我慢できず『トイレに行きたい』と自己申告! 途中退出するというハプニングがあった!?」「とにかく爪痕を残そうとムダに声を上げ、カットインを連発していたのは誰?」「めちゃくちゃ高音の原曲キーのまま『もののけ姫』を歌い上げた、かわいすぎるメンバーは?」など、現在の彼らからは全く想像もつかない、若さゆえの恥ずかしさ満載の映像が続出。自分たちの過去映像にメンバーが赤面&悶絶する場面は見もの。

■ メンバーへの不満を暴露!

「あいつ今何してる?」(毎週水曜夜7:00-8:00)さながらのコーナーも登場。“あいつ今スタイル”で、メンバー一人一人と事前打ち合わせを実施し、当時のメンバーに対して「ずっと気になっていたこと」「この際だからハッキリさせたいこと」などをインタビュー。スタジオでそのVTRを公開し、「答え合わせ」をしていく。

「今だから言えるけど、妬み僻み嫉み(ねたみひがみそねみ)で、当時〇〇を大嫌いだった」「当時ある事件を起こしてしまい、20年ずっとその十字架を背負ってきた…」「今だから〇〇に本気で謝りたい…」など、オフモード時のインタビューならではの意外な本音が次々と明かされる。

さらに、「8時だJ」 で滝沢と共に番組を仕切り、彼らのことを知り尽くしているヒロミが司会を務め、当時の秘話を告白する。

■ 滝沢秀明喜びのコメント

――「8時だJ」 が一夜限りの復活を果たしますが、同窓会企画を聞いたときの心境は?

僕らの青春時代です。大人になった仲間と、この番組で再会できること、うれしく思います。

――当時のエピソードを教えてください!

Jr.が歌、ダンス以外にコントやスポーツ、いろいろなことにチャレンジしたので、パフォーマンスの原点のようなものです。

――意気込みや視聴者へのメッセージをお願いします!

少年時代に戻り、とにかく同窓会気分で楽しみたいと思います。

■ ヒロミの“泣ける”コメント

――「8時だJ」 が一夜限りの復活を果たしますが、同窓会企画を聞いたときの心境は?

ホントに驚いたし、すごくうれしかったですね! 当時のメンバーから「同窓会をやりたい」という話はよく出ていたのですが、それぞれ忙しいし、実現することはないだろうなと思っていましたから。

今回、滝沢の卒業直前にまた集まることができるなんて、すごい巡り合わせだなと思います。こんなにも一堂に会するのは「8時だJ」以来ですし、今、皆から続々と「楽しみにしてます」メールが、僕のもとに届いています(笑)。

――当時のエピソードを教えてください!

当時ジャニーズJr.が60人ぐらい出演していて、僕は彼らの“顧問の先生”のような立場でしたね。まだ仕事経験が少なく、テレビに出演するという意識があまりない子たちもいて、収録時間が長引くと寝ちゃう子も出てきたり…(笑)。

僕はよく彼らの楽屋を訪ねて、「皆、頑張ろうな!」と声を掛けたりしていました。でも僕なんかよりも大変だったのは、滝沢でしたね。

彼はJr.の中で一番の“お兄ちゃん”で、まとめ役でもあったので、同世代のメンバーを率先して引っ張るのは苦労も葛藤もあっただろうなと思います。 

――滝沢秀明さんが引退する直前の同窓会ですが、どんな思いがありますか?

滝沢とは「8時だJ」の前に「はなきんデータランド」という番組で共演していて、実は、僕は彼が初めて一緒に仕事をした芸能人の一人らしいです。

その後、「8時だJ」でがっつり組みましたが、今回、最後の最後でその同窓会で送り出せるなんて、とても感慨深いですね。

また、彼にとって、一緒にやって来た同世代の連中に送り出してもらうことは、一番いい形で踏ん切りがつくのではないかなとも思います。

――見どころをお願いします!

ファンの皆さんにとっても、歌番組以外で彼らがこんなにそろうところなんて見たことがないでしょうから、必見です! 

僕自身も「皆、大きくなったな、頼もしくなったな~」という、親戚のおじさんみたいな思いを胸に参加するんじゃないかな(笑)。

「8時だJ」はファンの間では伝説の番組だと聞いていますが、この一夜限りのスペシャルもきっとまた伝説になるだろうと確信しています。その瞬間をぜひ目撃してください、まさに保存版の番組です! (ザテレビジョン)

最終更新:2018/12/20(木) 21:25
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン22号
5月22日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事