ここから本文です

桂三度『NHK新人落語大賞』受賞までの道のり「貯蓄はすべてなくなりました」

2018/12/15(土) 12:00配信

週刊女性PRIME

『第4回繁昌亭若手噺家グランプリ』の優勝と『平成30年度NHK新人落語大賞』受賞を記念して、11月19日~23日に大阪・天満天神繁昌亭で公演を開催。そこで1日密着させてもらいました!

【写真】本番前の緊張の表情! 落語家・桂三度の密着取材写真はこちら

「今年優勝しなければ、若手落語家にめっちゃ嫌われるところでした(笑)」

 若手落語家の登竜門『NHK新人落語大賞』で、4度目の挑戦にして念願の大賞を受賞した桂三度(49)。

 週刊女性読者には、「3の倍数と3のつく数字のときだけアホになる」ネタでブレイクした“世界のナベアツ”の名前のほうがなじみがあるかもしれない。

 '08年、ピン芸人として一世を風靡(ふうび)したものの、3年後の'11年に落語家になるため、六代 桂文枝(元・桂三枝)に弟子入り。しかし、落語家になることを初めて意識したのはブレイク前に組んでいたコンビ『ジャリズム』の解散のときだったという。

「29歳のときに相方から解散をしたいと言われて。そこで思い浮かんだのが、放送作家になるか落語家になることだったんです。

 でもその年でイチから下積みから始めるのは大変そうだし、テレビの勉強にもなるな、と思って放送作家のほうを選び、しばらく裏方として活動していました」

 その後、コンビを再結成。世界のナベアツとして人気沸騰中に起きたあることが、転身のきっかけに。

「再結成したものの、こんなにうまくいかないの? っていうぐらい地獄の日々で……。それを打破するために、世界のナベアツとしても活動を始めたところ、運よくブレイクできたんです。

 でもこれでコンビとしても頑張っていけるぞ、って思っていたら、僕がピンで仕事している間に相方が海外旅行とか遊んでばかりいて。何しとんねん、って相方へ怒りが湧いてきたし、忙しすぎて当時は僕自身も宙にフワフワ浮いている感覚で。

 これは地に足をつけることをしなきゃって考えたら、29歳のときに意識した落語家がまた思い浮かんだんです。落語って、ひとりでしゃべり続けるストロングスタイルだし、すべて自分の責任。当時の僕には、そんな環境が必要だったのかな、と落語の道に飛び込んでみて思いました」

1/3ページ

最終更新:2018/12/15(土) 12:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」1/29号

定価400円(税込)

あなたにおすすめの記事