ここから本文です

金子が日本ハムに西まで移籍したらオリックスは大きな試練が待っているな【岡田彰布のそらそうよ】

2018/12/16(日) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

阪神の優勝が13年前。長い空白……と感じてる

オリックスの投手陣を支えてきた金子[右]は日本ハムへ、西[左]が阪神に決まればチームとして大きな試練が待っている。西村新監督の胸中を察するわ/写真=佐藤真一

 つい最近、あるスポーツ紙で興味深い記事を見つけた。それは長い歴史のある阪神タイガースで、大阪生まれ、大阪出身の監督は2人しかいない……というもの。地域色もあって、もっと多くいると思っていたが、意外なほど、少ないのである。

 第34代に就任した矢野(矢野燿大)新監督ともう一人。エッ、誰かって?オレですわ。そう、この2人が大阪出身の監督なんですが、そろそろ、ホンマ、優勝してほしいもんですね。

 第30代の監督だったオレは2004年に就任。そのシーズンは4位やったけど、翌05年にはリーグ優勝。早いものであれから13年ですよ。ところが05年を最後に、阪神はリーグ優勝から遠ざかっています。1985年から03年の優勝まで18年もかかった過去はあるけれど、今回もホンマ、長い空白……と感じています。

 リーグは6球団あり、6年に1度は優勝を……と思うのだが、もう・・・ 本文:2,275文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:2018/12/16(日) 10:00
週刊ベースボールONLINE

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る