ここから本文です

Nintendo Laboは「ドライブキット」で次のステージに到達した

2018/12/16(日) 12:11配信

WIRED.jp

「Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)」は、まだレゴの域には達していない。しかし、着実に近づいてはいる。

【動画】Nintendo Labo「ドライブキット」

工作とゲーム機の要素が混じり合ったNintendo Laboの最初の2つのキットが、その将来の有望性を示した製品だったとすれば、第3弾である魅力たっぷりの「ドライブキット」は三度目の正直といったところだろう。

ドライブキットは、先行の「バラエティキット」や「ロボットキット」と比べて、工作の難易度が高く、ヴァリエーション富んでいて、大きな満足感を得られる。さらに付属のSwitch用ソフトも内容が充実していて興味をそそる。

これまでのキットは概念実証のように感じられたものが、今回のキットは大人も子どもも何週間も楽しめる素晴らしいおもちゃになった。

名前の通り、ドライブキットで製作するのはすべて乗り物だ。ソフトでNintendo Laboについての簡単な説明を受けたら、まず「アクセルペダル」のToy-Conをつくる。これを「クルマ」「ヒコウキ」「センスイカン」、そして「カギ」といったToy-Conと組み合わせるのだ。

それぞれのToy-Conは、各乗り物用のコントローラーになる。カギToy-Conが、任天堂マジックの極めつけだ。中にJoy-Conを入れられるようになっていて、それぞれの乗り物のコントローラーに差し込んで起動すると、どのToy-Conに取り付けられているかを赤外線センサーが認識するのだ。

製作には約6~8時間かかるが、はしゃぎがちなちびっ子アシスタントがいる場合は、プラス2~3時間を覚悟しよう。

完成したら、オープンワールドを探索

この手のおもちゃの説明書は表現がわかりにくくてイライラさせられがちだが、ドライブキットのガイドは最高だ。「ゼルダの伝説」や「どうぶつの森」シリーズの文字ベースの対話に見られる、任天堂ならではの風変わりな魅力に溢れており、段ボールを折り畳むといういささか退屈な作業が面白いゲームになる。

どの組み立ても、とりたてて骨が折れるものではない点も肝心だ。迷ったら画面を戻して各ステップをもう一度確認できるし、早送りして簡単に次の段階に進むこともできる。家具の組み立てに少し似ているが、頭を悩ませたり、つらい思いをしたりすることはない。ぜひイケアも見習ってほしい。

製作が完了したら、遊ぶ時間だ。ドライブキットは、ゲームプレイで真価を発揮する。第1弾のバラエティキットのほうが工夫に富んでいるし、第2弾のロボットキットのほうが断然カッコいいが、第3弾のドライブキットは優れたイノヴェイションと素晴らしいゲームの組み合わせをようやく実現した。

楽しいミニゲームは別にして、多くのゲームは明るくて色彩豊かなオープンワールドの島が舞台となっている。古株のゲーマーなら、陸海空でさまざまな課題をクリアする「パイロットウイングス64」を思い出すだろう。

3つの乗り物とカギのToy-Conのおかげで、コントローラーにカギを差すだけで乗り物をすばやく切り替えられる。

1/2ページ

最終更新:2018/12/16(日) 12:11
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.32』

コンデナスト・ジャパン

2019年3月14日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.32「DIGITAL WELL-BEING」特集|デジタル時代のウェルビーイングの可能性を問う一冊

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事