ここから本文です

野村克也が語る「監督の器」

2018/12/19(水) 10:00配信 有料

週刊ベースボールONLINE

巨人の監督人事はその場しのぎの典型例
野村克也が語る「監督の器」

巨人は三たび、原監督がユニフォームにソデを通したが……/写真=大泉謙也

 巨人はまだ、迷走しているのか。

 高橋由伸監督を切ったのはともかく、いっぺん『勇退』という名でクビを切った原辰徳をまた呼び戻した。どういうこっちゃ。監督人事にまったく一貫性がない。その場しのぎの典型的な例だ。

「信は万物のもとを成す」

 これはこのページでも私が口酸っぱく書いている言葉。チームの屋台骨は、『信頼』だ。巨人のフロントが原を呼び戻すのは分かる。しかし、果たして選手がそれを望んでいるのか。原を全面的に信頼しているのか。そこが最大のポイントだと私は思う。

 逆に言うと、原を呼び戻した狙いが私には分からないのだ。呼び戻さなければいけないほどの能力があるのなら、最初からクビにしなければいい。

 私は彼に、“監督の器”を感じていない。そこがまず、監督として評価できない・・・ 本文:1,949文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込216
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

週刊ベースボール

最終更新:2018/12/19(水) 10:00
週刊ベースボールONLINE